法要

春季彼岸永代読経会③ 平成30年3月23日・24日

ご法要(第三日目)

法要三日目は午前中に、手塚治虫さんが生涯を掛けて制作されたアニメーション映画「ブッダ2」を上映致しました。映像や音が凄く、そして声優陣も日本を代表する俳優さんばかりで、みなさん楽しみながら学びを深めたようでありました。

昼食にはこれも昨年に引き続き、「ボストンベイク」さんのご協力をいただきパンの販売を致しました。これも東日本大震災、そして熊本地震復興支援の一環として皆様にご協力をいただきました。有難うございます!
皆様楽しくおしゃべりをしながら、「たまにこういうのも良いよね」というお声が聞けて安心しました。

パンのチョイスは今年も住職でしたが、
どうでしたかね~?

今年もこのお彼岸の法要、総代の粟井さんと有志の方々がお華をたてて下さいました。お浄土の煌びやかな世界を表す本堂内陣を美しくお荘厳致しました。

ご本尊荘厳

永代経額


三日目のご法要は皆様と共に「仏説観無量寿経」を拝読致しました。カナダの伯母が、「門徒の皆さんが浄土三部経を拝読出来るようになって本当にうれしい」と生前、日本に来られたときに仰ったことが思い出されました。本当に皆さんがご一緒に拝読出来るようになって下さりうれしく思っています。
ご法話では、藤先生が熱心に、大切なことを伝えようというお気持ちがこちらに伝わってきました!しかし今年も先生のお話し、そして身体の動き、キレがありましたね~

毎座法要の合間にお菓子をお出ししております。

娘もお手伝いしてくれました

ご法要(最終日 結願)

最終日(結願)は皆様とご一緒に「正信念仏偈」をお勤め致しました。今年も4日間多くのご参詣いただきました皆様と共にお勤めすることが出来ました。有り難うございました。
お集めさせていただきました御仏供米、今年もたくさんお預かり致しました。法要終了後役員さん総出でお供え頂いたお米を袋詰め致しました。今後の毎月のご命日講のおときや報恩講の際に門信徒の皆様と大切に頂戴致します。
春のお彼岸のご法要がすべて終わりました。今年も篤いご協力を賜り感謝致します。有り難うございました!!

(住職記)


結願のお勤め

最終日には佐々木法務員(あっちゃん)の娘さん唯(ゆい)ちゃんもおまいりに来てくれました。住職の娘と一緒にお経の本を集めてくれるお手伝いをしてくれましたよ~

この法要が安楽寺での最後となった佐藤さんにご挨拶をいただきました。 大変長い間お世話になりました。ご参詣いただいた皆様もお別れが本当につらそうでした。

藤先生から春季彼岸永代読経会の最後のおとりつぎをいただきました。

今年も沢山お預かりした御仏供米、
大切にいただきます