読みもの

ほとけさまの歌 最終回

お世話になりました


佐藤卓見

 慈光照護の下、門信徒の皆様には日々御清祥にてお過ごしの事と思います。
 私、去る3月31日をもちまして安楽寺様での法務を終えさせていただきました。
 顧みますと、平成12年2月から前住職さんの車椅子生活のお供をさせていただく事から始まり、今年3月迄の18年間、微力ながら法務のお手伝いをさせていただく事ができました。
 平成13年7月、前住職さんが往生の素懐を遂げられました後、現住職様の「第四世住職継職奉告法要」「開教120年・寺号公称110周年記念法要」「親鸞聖人750大遠忌お待ち受け法要」など、かずかずの大法要が厳修され、私も感涙の下、皆さんと一緒に手を合わせお念仏申させていただきました。
 また年中行事であります報恩講・彼岸会・常例法座などでも毎座毎座皆さんとともにお勤めをさせていただき、さらには月忌詣りで皆さんのお宅へ寄せていただきました折には、心温まるお話をお聞かせ下さり、大変、感謝をしております。
 法務以外でも、平成22年には安楽寺仏教婦人会が母体となって女声コーラス「シャンティ」が誕生し、「ほとけさま」「念仏」「しんらんさま」など約70曲の仏教讃歌をメンバーの方々と「ともに悦び、ともに涙し」歌ってまいりました。
 前住職さんが若い頃から持ち続けてこられた仏教讃歌の「伝道」と「普及」への強いお気持ちに少しでもお役に立てたのかな…と回想しております。
 これからは皆さんからいただきましたひとつひとつの貴重な思い出を私の宝として持ち続けながら、お念仏の中で過ごしてまいりたいと考えております。
 永い間、大変ありがとうございました。
                               合 掌