読みもの

姓の違う故人の納骨は…? 遺骨を仏縁に

ある女性が涙ながらに、こんな相談を持ちかけてきました。

「先方のご両親の反対を押し切って結婚した娘が先日亡くなり、葬式をすませたのですが、遺骨は婚家のお墓に入れてもらえず、かといって、我が家のお墓にも“姓の違う故人の遺骨は入れてはいけない”と人に言われて途方にくれています。どうしたらよいのでしょうか」と。

これを伺って「親の心痛いかばかりか」と思うと同時に、執らわれるべきでないことに執らわれ、自らを縛りつけて苦悩を深めている親の姿に、改めて迷信のこわさを感じました。

「姓の違う故人の遺骨は入れてはいけない」のほかにも「勘当した息子の骨は入れられない」とか「仲の悪かった人同士の骨を一緒にするとケンカになる」などと、まるで“骨のなわばり争い”のようなことを気にする人がいますが、そういうことは宗教上、一切気にする必要はありません。ですから、故人を大事に思う心があれば、堂々と自家のお墓に納骨すればよいのです。

遺骨に対する偏見は、骨そのものを故人と見るところから生じてきます。しかも、その“骨”の故人は、生前の自己中心的な欲望や感情、それにしきたりなどに縛られたままの故人なのです。

実は、そういう目でしか故人を見れない私自身こそ問題なのです。私の尺度で死後の世界を捉えようとし、挙げ句の果て、不幸が重なれば先祖のせいにしかねない私です。

しかし、故人は何も骨のままでじっとしているわけではありません。お浄土で仏さまとなり、私たちのためにはたらいておられます。たとえ生前対立していた故人同士でも、“倶会一処(くえいっしょ)”のお浄土のこと、世俗のわだかまりから解放されて、ともに手を取り合いお念仏の法を説いてくださっているのです。

“骨のなわばり”を気にするのではなく、故人の遺骨をご縁として、私自身が根源的ないのちの願い、真実の法を聞くことです。

ポイント
◎姓の違う故人でも納骨できる。
◎遺骨=故人ではない。
◎生前の故人の感情をそのままお墓に持ち込まない。

(仏事のイロハより抜粋)

読みもの

「先祖の霊を慰めていました」?…お墓に参る

お彼岸やお盆の時期になると、これまでひっそりとしていた墓地に参拝者がどっと訪れ、あちこちで手を合わせる光景が見られます。「彼岸」や「お盆」という仏教行事を通してではありますが、さめた現代人でもさすがに故人を忍び、ご先祖に感謝する心だけは失っていないようです。

ところで、こうした墓参光景が例年ニュースで報道されますが、その紹介の仕方が決まったように「(墓前で)先祖の霊を慰めていました」となります。

関西では大谷本廟の墓地がよくテレビに映るのですが「はたして大谷にお参りの真宗門徒も、手を合わせて先祖の霊を慰めているのか」と疑問に思ったり、つい不安になったりしてしまいます。故人の好きだったお酒や食べ物などを供え、故人の“霊”に手を合わせて慰めることがお墓参りだと思っているとしたら、それは少し筋が違います。

はっきり行って、お墓に先祖の霊が宿っているのではありません。固定的実態的な霊をそこに見ようとするのは、他ならぬ私自身の執着心がなせるわざで、実際には故人はお墓の中に眠っているわけではなく、また遺骨が故人なのではなく、すでにお浄土へ還られています。そして、お浄土から私たちに向け、如来様の真実を知らせんが為に働いてくださっているのです。

それでは、お墓は何のためにあるのでしょうか。お墓は、先祖あるいは故人が必要とするからあるのではなく、私たちが先祖、故人を敬い讃えたいと思うから建てるのです、さらに言えば、かけがえのない命を私に伝えてくださったご先祖に感謝しつつ「その命を精一杯輝かせて生きてくれ」という私へのご先祖の願いを聞く場でもあります。
また、遺骨を前にして諸行無常を味わうのもお墓でしょう。

諸行無常の理をかみしめ、先祖の願いを聞きながら正司を超えて確かな拠り所となるお念仏の教えを味わう場―それがお墓ではないでしょうか。

ポイント
◎お墓の中に故人はいない。
◎お墓は先祖のために建てるのではなく、私のために建てる。
◎先祖の願い聞き仏法味わう場。

(仏事のイロハより抜粋)

読みもの

教え tell me – vol.19 除夜の鐘の思い出

2018年も残すところあとわずか、平成最後の12月となりました。平成生まれときくと、若いなぁと思っていた人たちも30歳代に突入していくわけですから、なんだか感慨深いものを感じます。子どもにとってはどきどきわくわくの年末年始も大人のわたしたちにとってはせわしなくあっという間に過ぎてしまう季節ではなかろうかと思います。

さて私が子どもの頃の年末年始といえば、やはり【除夜の鐘】がメインイベントでした。なぜメインイベントなのか?と言いますと、【除夜の鐘】を108発つく人たちのために大福引き大会を開催していたからです。つまり108人分の景品を用意していたのですが、決してお寺の予算から景品を購入するのではなく、お寺で活動していたボーイスカウトやガールスカウトのみんなでチームに分かれ、町の商店街に繰り出し一軒一軒「【除夜の鐘】に御協力のほどよろしくお願い致します!」と頭を下げて108個以上の景品がそろうまで街中を歩きまわっていたのです。子どもの頃の私は最初、この景品集めがものすごく苦手でした。なぜなら普段はお金を払って購入する品物をただ頭を下げただけでもらうなんて、まるで物乞いじゃないか?と感じていたからです。

あるときそのことを父に尋ねてみると、「おまえは何を勘違いしてるんだ?街の皆さんから布施していただいた景品だからこそ、ありがたいんじゃないか!中にはこの【除夜の鐘】のためだけに豪華な景品をわざわざ用意してくれてる商店街の人たちもいるんだぞ」
父いわく、私利私欲のために景品を集めているわけでなく【除夜の鐘】に集まってくれた皆さんのために、今年も嬉しいこと楽しいこと悲しいこと色々あったけれど、こうして皆で無事に年末年始を迎えることができて良かったなぁ。というただその思いひとつだと。

【除夜の鐘】が鳴り出すと毎年多くのひとたちのこころに様々な思いが蘇ってきます。新しく生まれた命もあれば、さよならも言えずに過ぎ去っていかれた命もあります。思えば、あそこでこんなふうにしていればなぁとか、悔やむことも多々あります。けれども、私たちの人生は一度限りでやり直すことはできないため、なかなか思うように行かないのが現実です。ただやり直すことのできなかった一年でも、一日でも、何度でも見直すことは出来ます。一年ごとに新しく踏み出していく気持ちで新年を迎えたいものです。

往く人も来る人も一期一会、めぐる季節も一期一会

この気持ちをこれからも忘れずに大切にしていきたいものですね。みなさま、本年も新たな気持ちでよろしくお願い致します。

合 掌

読みもの

「やすらぎ」45号発刊にあたり

慈光照護の下、門信徒の皆様におかれましてはご清祥にてお過ごしのこと大慶に存じ上げます。又、日頃より当寺護寺発展の為に並々ならぬご尽力を頂いておりますこと、重ねて御礼申し上げます。

寺報「やすらぎ」第45号を門信徒の皆様のお手元へお送りさせて頂きました。今年の夏からの出来事を中心に、この度も写真を多く掲載し、この半年を振り替えられるように致しました。どうぞご高覧下さい。

さて、今年を表す漢字、毎年12月12日に京都の清水寺で発表されますが、今年ははじめて自分の予想が当たりました。

「災」という字になりましたね。文字通り今年は災害の大変多い年でありました。大阪北部地震、西日本豪雨水害、次々と上陸する台風、そして我が北海道を襲った胆振東部地震、本当に災害の多発した年となりました。被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。  後述しておりますが、当寺も地震の被害を受け、修復等今後のことについては総代会を中心に方向性が決まっていくと思いますが、如何せん冬を迎えてしまいました。いずれにしても雪解けしてから修復工事等掛かっていくものと考えています。幸いに地震保険にご加入いただいておりましたので、当然修理見積もりの満額とはいきませんが、いくらか保障があるようなので、優先順位を決めて修復工事に掛かることと思います。ご門徒の皆様には大変ご心配をお掛けしておりますが、今申し上げたような流れで進んでいくことと思います。

また、お見舞いも沢山お預かり致しました。この場をお借りし御礼申し上げます。有難うございました。

光陰矢のごとしと申しますが、今年もあっという間に終わりを告げようとしております。特に「平成」という激動の時代が幕を閉じようとしております。しっかりとこの一年を振り返りながら、来る年、新たな念仏生活のスタートを共々にきり、この一度きりの人生、大切に大切に歩んでいきましょう。

合掌


今年最後のお勤め「除夜会」が12月31日午後5時より本堂でお勤まりになります。12月28~1月5日の月命日まいりはお休みさせていただいておりますので、是非ともこの間の月忌詣りをされているご門徒さんはお詣りいただきたいと思います。また、元旦(1月1日)は午前8時より「元旦会」をお勤め致します。引き続き納骨堂にてお勤めをし、法要終了後、1階ホールにて大千本引き大会を開催致します。たくさんの豪華景品をご用意させていただいておりますので、午前8時からですが、がんばって早起きをして御参詣下さい!遅刻しても大丈夫です!沢山のご参詣をお待ちしております!!

読みもの

教え tell me – vol.18 墓参

気がつけば今年も半年が過ぎ、あっと言う間に夏を迎えることになりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?ワールドカップサッカー、日本のベルギー戦を生放送で応援されていた皆さんは、一瞬でも良い夢を見れた代わりに寝不足になられた方も大勢おられるのではないでしょうか?(ちなみに私は生放送を最後まで見ていた口です。)

さて、毎年この時期になると私の頭に浮かんでくるのはお墓参りのことです。今回は私がまだアメリカに開教使として奉職していた頃の話をご紹介します。赴任当初、米国人は墓参りをする習慣は特に無いと聞いていたので、墓参りに行かなくていいのかぁと勝手に思っていたら、上司の先生が「お墓参りに行く事?ありますよ!」と言われたのを聞き、なぜかと事情を尋ねると、戦争中、米国内に住んでいた日本人がアメリカ兵として最前線に送られた戦没者や、アメリカ人兵に連れてこられて米国内で亡くなった戦争花嫁のお墓に参るとのこと。どうぞ気軽に行ってください。と手書きの地図を渡され向かった初日の目的地が片道700キロと知った時には、これが米国か!と思ったほどでした。

早朝コロラド州デンバーを出発し、ニューメキシコ州アルバカーキを目指し高速道路I-25を走り出す。信じられないほどの真っ直ぐな道のりを地平線に向かってただ延々と走っていると、信じられないほど眠くなってきます、すると自然とスピードもあがるもの…今度は信じたくないほどの赤と青のランプを点滅させた車が背後にビタッとついて路肩に車を寄せられ、信じられる範囲内の金額が書かれたチケットを時々プレゼントされた苦い思い出もあります。途中、点在する無縁墓地にお参りさせて頂く時に出会った方にお話を伺ったところ、やはり米国ではみんなが一斉に行う形でのお墓参りの習慣が無く、日本のように○○家の墓といった先祖代々の墓を守るといった考えもほとんどないそうです。基本的に個人単位で埋葬されるので祖父の墓と祖母の墓が全く別の場所だったりすることもあるそうです。その時その方に、あなたはご自身のお墓をどうされるおつもりですか?と尋ねたところ、「私は自分の墓は、すでに生前契約で購入済みで場所も押さえてありますよ」と言われ、さらに「日本のようなお墓参りの習慣は確かにありませんが、だからといってアメリカ人が薄情なわけでなく、亡くなった大切な人はいつも心にいるんです。」と熱弁されたのを聞き、私もMe too.と華麗に受け答えしたのが今では懐かしいおもいでです。

キリスト教の文化では、亡くなられた方の魂は神のもとへおもむくとの考え方から、お墓へは葬儀の時にいく程度ですし、土地が広大なこともあり頻繁にはお墓参りはしません。ただ、亡くなった大切な方々が私にとって今どういう存在で有り続けるのか?といったことでいうと国境は無いのかもしれないと感じました。様式は違えど故人を思う気持ちは世界共通。どこの世界でもどんな宗派でも、先人に感謝の念を送り続けていると考えると、もしかしたら戸惑うことも少ないのかもしれません。 ただ、日々の暮らしの中で先立つ方をどういただいていくか?これから先を生きていく私たちひとりひとりが、たえず心がけていかねばならないことでしょう。

合 掌

読みもの

ほとけさまの歌 最終回

お世話になりました


佐藤卓見

 慈光照護の下、門信徒の皆様には日々御清祥にてお過ごしの事と思います。
 私、去る3月31日をもちまして安楽寺様での法務を終えさせていただきました。
 顧みますと、平成12年2月から前住職さんの車椅子生活のお供をさせていただく事から始まり、今年3月迄の18年間、微力ながら法務のお手伝いをさせていただく事ができました。
 平成13年7月、前住職さんが往生の素懐を遂げられました後、現住職様の「第四世住職継職奉告法要」「開教120年・寺号公称110周年記念法要」「親鸞聖人750大遠忌お待ち受け法要」など、かずかずの大法要が厳修され、私も感涙の下、皆さんと一緒に手を合わせお念仏申させていただきました。
 また年中行事であります報恩講・彼岸会・常例法座などでも毎座毎座皆さんとともにお勤めをさせていただき、さらには月忌詣りで皆さんのお宅へ寄せていただきました折には、心温まるお話をお聞かせ下さり、大変、感謝をしております。
 法務以外でも、平成22年には安楽寺仏教婦人会が母体となって女声コーラス「シャンティ」が誕生し、「ほとけさま」「念仏」「しんらんさま」など約70曲の仏教讃歌をメンバーの方々と「ともに悦び、ともに涙し」歌ってまいりました。
 前住職さんが若い頃から持ち続けてこられた仏教讃歌の「伝道」と「普及」への強いお気持ちに少しでもお役に立てたのかな…と回想しております。
 これからは皆さんからいただきましたひとつひとつの貴重な思い出を私の宝として持ち続けながら、お念仏の中で過ごしてまいりたいと考えております。
 永い間、大変ありがとうございました。
                               合 掌

読みもの

「やすらぎ」44号発刊にあたり

慈光照護の下、門信徒の皆様におかれましてはご清祥にてお過ごしのこと大慶に存じ上げます。又、日頃より当寺護寺発展の為に並々ならぬご尽力を頂いておりますこと、重ねて御礼申し上げます。

寺報「やすらぎ」第44号を門信徒の皆様のお手元へお送りさせて頂きました。

今年は本当に異常気象と言いましょうか、北海道に於いてはいつまでも暖かくならずに長雨が続き、本州では豪雨災害によって多くの命が失われ、被災された方々が、今なお大変な生活を強いられています。何らかの支援が急がれることと思いますし、当寺でも出来うることを思案し、復興のお手伝いをさせていただかなければと思うことでございます。皆様の温かいお心をそのおりにはお預け下さいます様お願い申し上げます。

さて、表紙の写真にもありましたように、大変長き間、この安楽寺を支えて下さった、札幌組法城寺 佐藤卓見様が、この3月31日をもってご退職となりました。実は3年ほど前から、「そろそろ・・・」とご本人からお話しは伺っていたのですが、「まだまだ、まだまだ」と言って引き延ばしていた状況でした。しかしながら今年の1月の半ばに再度お話し合いを持って、この3月31日でけじめをつけさせて欲しいとの佐藤さんの強い思いを受け止めさせていただき、このような運びとなりました。振り返りますと、佐藤さんの父君である佐藤卓英師が本願寺札幌別院に奉職されていた時代、私どものお寺の第二世住職 横湯通之師が戦時中は中国へ、引き揚げ後は、本願寺小樽別院輪番として奉職、併せて当時の小樽双葉女子高校の校長、その後は旭川龍谷高校の校長として奉職し、住職が殆どお寺におられない中、この安楽寺を院代としてお護りいただいた方でありました。また私の父(前住職)とは、戦時中、この厚別に疎開されていた佐藤さんと兄弟のように育てられ、大人になっても、「てっちゃん」、「たくみちゃん」と呼び合う仲でした。父が病気で足を失ったとき、「良かったら僕が車イスを押したいんだけど」と言って下さった時には、本当に有り難く、涙が頬を伝わりました。

その後は、今度は息子である私を支えて下さり、開教120年・寺号公称110周年記念法要、私の住職継職奉告法要、親鸞聖人750回大遠忌おまちうけ法要など数々の大法要のお手伝いを賜りました。そして念願であった合唱団の結成など、目をつむり振り返る度に、たくさんの事が脳裏に浮かんで参ります。

良い形がいつまでも続く事はありません。佐藤さんにはひじょうに残念ではありますが、残りの人生、どうか楽しんでお過ごしをいただきたいと思います。心から、心から御礼申し上げます有難うございました。

さて、1年間とは本当に早いもので、お盆の季節を迎えさせていただきました。例年通り7月下旬から8月11日までの間に門信徒皆様のお宅へお盆参詣をさせていただきます。12日の午前中に役員総会を開催し、お昼頃に役員さんと共に里塚の安楽寺六角堂へお詣りさせていただきます。13日から16日の午前中まで、納骨堂にお詣りされる皆様と共に先人をお偲びさせていただき各々読経致します。16日の午後1時よりお盆の締めくくりとして命日講に併せて「盂蘭盆会(うらぼんえ)」のお勤めを致します。大切な方を亡くされてから初めてのお盆をお迎えされるご遺族の皆様には、大切な御法縁となることと思います。是非とも御参詣下さい。正午よりおとき(昼食)のご接待がございます。昼食をご一緒にいただいてから法要にご参詣下さいます様ご案内申し上げます。

お盆という大切な仏教週間、先人を偲びながら、我が命の行方を浄土真宗のみ教えに訪ねて参りましょう。それが先逝かれた方々のご恩に報いる一つの姿、そしてほとけさまの願いであります。共々に大切にこのご縁を頂戴致しましょう。

合掌