読みもの

教え tell me – vol.11 年末を迎えて

月日の経つのは早いもので、2014年も残すところあとわずか、年末年始の過ごし方をどうしようかと決めている方も多いことでしょう。

さて、年末といえばひとつにはクリスマスがあります。お寺で育った私は、クリスマスを日本でお祝いしたことは一度もありません。とは言っても興味がなかったわけではなく、世間一般でいうクリスマスをみんなどのように過ごしているのだろう?と長年考えていたものです。その答えを教えてくれたのが、米国の開教使として勤務していた経験でした。

まずはじめに驚いたのは、米国で12月25日は、ナショナルホリデー(国民の祝日)と呼ばれており、明日は仕事は休みだよ、だからお寺に来なくてもいいよ!と上司の先生に言われたことです。もちろん私に予定など何もありません。

そして次に驚いたのは、何の予定もなかった私がその日に教会を訪れても、すんなり受け入れてくれたことです。(もちろん堂々とお坊さんですと名乗って)神父さまの話では、神はどのような人でも閉ざす門は持ちません、と教えてくれました。

私が訪れた教会では、子ども達によるキリスト誕生の劇(クリスマスページェントと呼ばれています)があったり、ベル演奏があったり、クリスマスの歌を歌ったりしました。ミサの様子もとても静粛に行われ、生まれて初めて【これが本物のクリスマスか】と肌で感じたものです。

日本のクリスマスは宗教的な意味合いが殆ど無く、恋人同士で過ごすことが多いのではないかと思います。逆にアメリカではクリスマスは家族で過ごすものです。クリスマスになると家族親戚が皆集まり、イブの夜は、皆でごちそうを食べ、少し着飾って教会に出かけるという文化が根付いているそうです。日本のお正月のように、家族が皆集まり、ゆっくりと家族の時間を楽しむのです。

家族が皆集まり、プレゼントを贈り合い、一緒に食事をして教会へ行く。それは、とてもあたたかいひとときでもあります。日本でのクリスマスは宗教的意味合いはあまり無く、クリスマスと言えば、パーティー、恋人とデート、というイメージではありませんか?

さて、今回はクリスマスの話でしたが、お釈迦さまのお生まれになった日も、いつの日かクリスマスと同じくらい大きなイベントになってほしいなあ、と念じて年末最後の言葉にかえさせていただきます。

合 掌

トピックス

おかげさまで外構工事終了いたしました!!

今年の7月より、安楽寺境内総合整備計画の最後の外構工事が行われ、8月末に終了いたしました。当寺の懸案事項であった駐車スペースの確保が出来、大変嬉しく思います。なんとかご門徒の皆様がおまいりされるお盆までに形を整えたいというこちらの意向を汲んでいただき、請負業者の大岡産業株式会社さんはじめ、下請けさん、その他関係業者の皆様には暑い中工事を進めていただき大変感謝いたしております。
 写真を多数掲載し、分かりやすくいたしましたのでご覧下さい。

【掘削工事】

03 03

【砂利を敷き詰め点圧】

03 03
03 03

【舗装工事】

03 03
03 03

【完了!!】

03 03
03 03

ご門徒の山田四郎さん(アサヒフォトさん)が航空写真(ラジコンヘリ)を撮ってくださいましたので、掲載します。上空からなので分かりやすいと思います。


03 03
読みもの

「やすらぎ」37号発刊にあたり

02

慈光照護の下、門信徒の皆様におかれましてはご清祥にてお過ごしのこと大慶に存じ上げます。又、日頃より当寺護寺発展の為に並々ならぬご尽力を頂いていること、重ねて御礼申し上げます。

寺報「やすらぎ」第37号を門信徒の皆様のお手元へお送りさせて頂きました。今年も夏から冬にかけての諸行事報告など、写真を多めに掲載し読みやすく致しました。お正月休みの空いた時間にでもご覧いただけたらと思います。

さて、今年2014年もあっという間に終わろうとしております。皆様にとって、この1年どんな時間を過ごされたでしょうか?

毎年12月12日に、京都の清水寺にて、この一年の世相をあらわす「今年の漢字」が発表されます。私も個人的に注目しているのですが、今年は、「税」というなんだか夢がない身近な字になりましたね。消費税増税が特に印象的だったということですが、アベノミクス効果がいつ私達に届くのか心配でなりません・・・まあ期待しましょう。

さて私個人的には、今年は「嘘」という字ではないかと予想しておりました。佐村河内氏、小保方さん、野々村県議と、なんだか謝罪会見ばかりを見ていたような気がいたします。いずれにしましても、混迷を極めているという感じから抜け出せない年であったような気がいたします。

明年2015(平成27)年には当安楽寺がこの厚別の地で開教をされ130年をお迎えいたします。来る新年こそ、良い年であったと思えるような日暮らしをしたいものです。

今年もまもなく幕を閉じようとしております。どなたもあらためて自分のここまでの歩みを振り返り、いただいた命の有り様を見つめ、新たなる年をお迎え下さい。そして力強く、共々にお念仏の教えを中心とした日暮らしをおくりましょう。今年もお世話になりました。有り難うございました。

合 掌