読みもの

姓の違う故人の納骨は…? 遺骨を仏縁に

ある女性が涙ながらに、こんな相談を持ちかけてきました。

「先方のご両親の反対を押し切って結婚した娘が先日亡くなり、葬式をすませたのですが、遺骨は婚家のお墓に入れてもらえず、かといって、我が家のお墓にも“姓の違う故人の遺骨は入れてはいけない”と人に言われて途方にくれています。どうしたらよいのでしょうか」と。

これを伺って「親の心痛いかばかりか」と思うと同時に、執らわれるべきでないことに執らわれ、自らを縛りつけて苦悩を深めている親の姿に、改めて迷信のこわさを感じました。

「姓の違う故人の遺骨は入れてはいけない」のほかにも「勘当した息子の骨は入れられない」とか「仲の悪かった人同士の骨を一緒にするとケンカになる」などと、まるで“骨のなわばり争い”のようなことを気にする人がいますが、そういうことは宗教上、一切気にする必要はありません。ですから、故人を大事に思う心があれば、堂々と自家のお墓に納骨すればよいのです。

遺骨に対する偏見は、骨そのものを故人と見るところから生じてきます。しかも、その“骨”の故人は、生前の自己中心的な欲望や感情、それにしきたりなどに縛られたままの故人なのです。

実は、そういう目でしか故人を見れない私自身こそ問題なのです。私の尺度で死後の世界を捉えようとし、挙げ句の果て、不幸が重なれば先祖のせいにしかねない私です。

しかし、故人は何も骨のままでじっとしているわけではありません。お浄土で仏さまとなり、私たちのためにはたらいておられます。たとえ生前対立していた故人同士でも、“倶会一処(くえいっしょ)”のお浄土のこと、世俗のわだかまりから解放されて、ともに手を取り合いお念仏の法を説いてくださっているのです。

“骨のなわばり”を気にするのではなく、故人の遺骨をご縁として、私自身が根源的ないのちの願い、真実の法を聞くことです。

ポイント
◎姓の違う故人でも納骨できる。
◎遺骨=故人ではない。
◎生前の故人の感情をそのままお墓に持ち込まない。

(仏事のイロハより抜粋)

読みもの

「先祖の霊を慰めていました」?…お墓に参る

お彼岸やお盆の時期になると、これまでひっそりとしていた墓地に参拝者がどっと訪れ、あちこちで手を合わせる光景が見られます。「彼岸」や「お盆」という仏教行事を通してではありますが、さめた現代人でもさすがに故人を忍び、ご先祖に感謝する心だけは失っていないようです。

ところで、こうした墓参光景が例年ニュースで報道されますが、その紹介の仕方が決まったように「(墓前で)先祖の霊を慰めていました」となります。

関西では大谷本廟の墓地がよくテレビに映るのですが「はたして大谷にお参りの真宗門徒も、手を合わせて先祖の霊を慰めているのか」と疑問に思ったり、つい不安になったりしてしまいます。故人の好きだったお酒や食べ物などを供え、故人の“霊”に手を合わせて慰めることがお墓参りだと思っているとしたら、それは少し筋が違います。

はっきり行って、お墓に先祖の霊が宿っているのではありません。固定的実態的な霊をそこに見ようとするのは、他ならぬ私自身の執着心がなせるわざで、実際には故人はお墓の中に眠っているわけではなく、また遺骨が故人なのではなく、すでにお浄土へ還られています。そして、お浄土から私たちに向け、如来様の真実を知らせんが為に働いてくださっているのです。

それでは、お墓は何のためにあるのでしょうか。お墓は、先祖あるいは故人が必要とするからあるのではなく、私たちが先祖、故人を敬い讃えたいと思うから建てるのです、さらに言えば、かけがえのない命を私に伝えてくださったご先祖に感謝しつつ「その命を精一杯輝かせて生きてくれ」という私へのご先祖の願いを聞く場でもあります。
また、遺骨を前にして諸行無常を味わうのもお墓でしょう。

諸行無常の理をかみしめ、先祖の願いを聞きながら正司を超えて確かな拠り所となるお念仏の教えを味わう場―それがお墓ではないでしょうか。

ポイント
◎お墓の中に故人はいない。
◎お墓は先祖のために建てるのではなく、私のために建てる。
◎先祖の願い聞き仏法味わう場。

(仏事のイロハより抜粋)

読みもの

浄土真宗のお墓の建て方は? 建立する前に

普段お寺に顔を見せたことのない方から突然「お墓を建てたので、お性根を入れてください」と、電話で依頼されました。さっそく墓地へ出かけていくと、これがやたらとこっていて、中心となる石碑の横には石塔が建ち、手前横には観音像、その隣の法名を記した石板には「霊標」と刻まれ、おまけに石碑の向きが入り口から見て真横になっています。
「よくもまあ、これだけこだわった墓を造ったものだ」とあきれると同時に、なんだか心寂しくなってしまいました。
そこで、真宗門徒がお墓を建てるときの注意点をいくつか述べてみましょう。

①建てようと思ったら、まずお寺に相談すること
み教えにそぐわないお墓や、余計なものを造っては台なしです。それに、信頼できる石材店を紹介していただけます。
②墓相に惑わされずに
お墓の向きによって幸不幸が生じるわけではありません。また場所も同様です。向きや場所にこだわると、先の例のように石碑の側面を拝する位置になったりしかねず、いかにも不自然です。
③墓石の形もこだわらずに
形によって良し悪しがあるわけではありません。石碑の上面を三角形にしたり、屋根や宝珠をつける必要はありません。
④石碑(軸石)の正面には「南無阿弥陀佛」のお名号を刻みましょう
ご先祖を偲ぶ上でも、人生無情の理をかみしめる上でも、つねに私の依り所となり、礼拝の対象となるのは阿弥陀如来だからです。この場合、家名は台石に刻めばよいでしょう。また、お名号以外の場合は、携帯用のご本尊を安置しお参りください。
⑤観音像、地蔵像、宝塔などは建てない
帰依する仏さまは阿弥陀如来一仏だからです。
⑥「吉日」の文字は刻まない
日の吉凶や建てる時期にこだわりません。
⑦「霊標」とせず「法名碑」とする

法名を記す石板は「霊標」とは言わない。このほか「お性根を入れる」のではなく「建碑式(法要)」と言います。

(仏事のイロハより抜粋)

読みもの

分骨は大谷本廟へ納めよう…満中陰の後

一般に、満中陰(まんちゅういん)がすむと中陰壇を片付け、遺骨はお墓に納めることになります。もし中陰壇に白木の位牌があるようなら、過去帳等(位牌は用いない)に故人の法名などを書き写した後、すみやかに処分して下さい(お寺に相談するとよい)。

また、遺影(写真)も片づけるわけですが、中には黒いリボンを外して部屋に掲げておく方もあるようです。この場合、お仏壇の真上に飾ったり、中へ入れたりしないで下さい。これは、私たちが礼拝の対象とするのは遺影ではなく、阿弥陀如来であり、その如来様を心からお敬いする気持ちからいって、そうしたことを避けるのが自然だからです。

さて、納骨についてですが、納める時期に決まりがあるわけではありません。お彼岸やお盆の時でなければならないとか、日の吉凶にこだわることは一切ありません。満中陰がすめば、お寺の都合を聞いた上、適当な時期に納めて下さい。

遺骨はふつう、各家のお墓に納めますが、ご門徒の中にはお墓を建てずに、宗祖親鸞聖人の御廟(ごびょう)である大谷本廟へそっくり納める方もあります。また、各家のお墓とは別に、遺骨の一部を大谷本廟に納める習慣が広くゆきわたっています。親鸞聖人を慕い、その聖人のみ教えを今に伝えて下さったご先祖を偲ぶ上でも、大谷本廟への納骨はよりよき仏縁となります。

この本廟での納骨には「祖壇納骨」と「無量寿堂納骨」の二種類があり、祖壇納骨の方は埋蔵した遺骨は戻りません。一方の無量寿堂納骨は個別の納骨所に収蔵するもので、これには所属寺の住職の証明書が必要になります(個人名義の場合は個々に納骨届けを提出)。お寺に相談した後、納骨して下さい。

ところで、遺骨を納めるお墓がなく、これから墓地を求めようとする場合の遺骨の扱い方ですが、短期間であれば遺骨はお仏壇の中か脇に仮安置しておいてもさしつかえありません。一年以上とかの長期間になれば、ご住職にお願いしてお寺で預かっていただいたらよいでしょう。そのことによって、お寺とのご縁も深まり、聞法の機会が増えましょう。また、そのような気持ちで預かってもらうのであり、預けっぱなしにするのはくれぐれもやめてください。

ポイント
◎白木の位牌は処分する。
◎遺影はお仏壇の中や上に飾らない。
◎納骨の日はこだわりなく…。
◎分骨は大谷本廟へ。
読みもの

消えたら死者が迷うのか? 中陰中の灯明

中陰の法要でお参りした時のことです。勤行がすみ、今後の仏事について相談を受けていたところ、遺族の一人がローソクの火が消えているのに気づき、あわてて新しいローソクに火をつけようとしたのでした。
この方のように、中陰の間は「お灯明と先行は絶やしてはいけない」と思っている人が意外に多いようです。その灯明と線香も、お仏壇のそれではなく中陰壇のほうで、「もし絶やしたら、死者が迷う」というのです。

人間、こだわりだしたら切りがないもののようです。火がついているか、消えているかで、死者が迷ったり悟ったりするものでないことぐらい、ちょっと考えればわかりそうなものですが、実際そうした迷信が頭に入っていると、いざ火が消えればなんとなく気持ち悪く感じ、絶やさないように神経を使ってしまいがちです。

ものの道理がわからず迷っているのは、実は死者ではなく、生きている人自身と言えましょう。ローソクの火が消えてなくなれば、「あぁ、人生もこれと同じように無常だな」と感じるぐらいになればいいのですが…。

もっとも、最近は便利になったもので、中陰壇には電気のお灯明があり、線香も長時間保つ巻線香が使われたりします。これなどは「絶やしてはいけない」という迷信の産物と言えるかもしれません。

しかし、仏前に供えるお灯明やお香は、阿弥陀如来の智慧と慈悲のお心を表しています。そして、如来さまを讃える気持ちで捧げ、捧げたそれらからまた、如来様の真実を味わわせていただくものなのです。けっして故人の遺骨に捧げているのではありません。

そうしたことから、お灯明や線香はお勤めや礼拝の時に火をつければよいのであって、四十九日間ずっとつけておく必要はありません。特に夜など火の用心の上でも危険です。

なお、火を消すときはローソクを抜きとり、火消し道具か小型ウチワで消してください。

ポイント
◎中陰の間でも、灯明や線香はずっとつけておく必要はない。
◎お勤めや礼拝の時に火をつければよい。
◎火は口で吹き消さないように。
読みもの

満中陰が三月(みつき)にわたるとダメ?…中陰と迷信

死亡日から数えて七日目を初七日(しょなのか)、次の七日目を二七日(ふたなのか)、以後三七日(みなのか)…というように、七日ごとに務める法要を中陰法要と言い、最後の七七日(四十九日)は満中陰(中陰が満つる)として、特に丁重にお勤めするならわしになっています。

もっとも、地域によって命日の前日(逮夜・たいや)から七日ごとに勤めるところもあり、日取りについてはお寺におたずねください。

こうして勤める中陰法要は、けっして追善の、また冥福を祈るためのものではありません。肉親の死を目の当たりにした悲しみの中から、個人の遺徳を偲ぶとともに、これを縁として“私”の人生の確かな拠り所となってくださるお念仏の教えを聞き、阿弥陀如来様への報謝の念を深めるための仏事です。

言いかえると、中陰法要の一回一回が“私”にとっての貴重な仏縁であるわけです。心して法要に臨んでいただきたいものです。ご住職の法話には特に耳を傾けていただきたいものです。

ところが、この中陰に関して「四十九日が三ヶ月にわたるといけない」という迷信が広くゆきわたっており、三ヶ月にわたる前に満中陰を済ませる方が増えてきています。

たとえば五七日(いつなのか・三十五日)に満中陰法要をしたり、場合によっては三十五日以前の日曜日に早々と済ませたりします。考えてみれば、月の後半に亡くなると四十九日目が三ヶ月にわたるのは当然で、むしろ三ヶ月にわたることの方が多いくらいです。

どうして「四十九日が三ヶ月にわたるといけない」と思うのかと言えば「始終苦(しじゅうく・四十九)が身につく(みにつく・三月・みつき)」からだというのです。語呂合わせの迷信そのものでしょう。

そういう語呂合わせを気にして日を変えるようでは、何のための法要かわからなくなってしまいます。決められた中陰の日でないと絶対にだめだとはもうしませんが、迷信によって日を変更したり、振り回されたりはしないでください。せっかくの仏縁です。大切にしましょう。

ポイント
◎死後四十九日間を中陰と言い、四十九日目を満中陰という。
◎「満中陰が三ヶ月にわたるといけない」というのは迷信。
読みもの

中陰のお勤めはどこでする?…遺骨安置と勤行

火葬の後、自宅に戻ってきた故人の遺骨は、葬儀社などが用意した中陰壇(ちゅういんだん)に安置することになります。その中陰壇には三具足(みつぐそく)や供物が飾られ、ほかにも遺影や白木の位牌(真宗では本来用いない)が置かれたりするので、つい遺族の目もそちらに向きがちになります。

お骨上げや初七日のお勤めでお参りするとたいていの場合、この中陰壇の方を向いて座られており、壇上のローソクや線香にはきちんと火がつけられ、花も盛りだくさんに飾られています。さらにおリンまで中陰壇に用意されていることが少なくありません。

ところが、お仏壇の方はと言えば、ローソクはなく、花は枯れているわで、ほとんどほったらかしといった状態だったりします。

そのお仏壇の前で私がお勤めしようとするものですから、家の方は慌てると同時に何かけげんそうな顔をされます。

おそらく、こうした方々は、勤行は遺骨の前で行い、そのお経が故人への追善回向(善を積んで故人に振り向ける)になると思っておられるのでしょう。

確かに“中陰”の習俗に基づけば、そう思うのも無理からぬことかもしれません。すなわち習俗では、死後四十九日の中陰の間は死者の行き先が定まらないとされています。そこで七日目ごとの節目に法要を勤め、その功徳を死者に振り向けて少しでも“よい世界”に生まれてもらおう、というのです。

しかし、浄土真宗のお味わいでは、故人は死後ただちにお浄土に生まれられているのです。もし仮に、信心をいだかれずに迷っているとしても、私たち凡夫(ぼんぷ)に善を振り向けてよりよい世界に行かせる能力など何一つ備わっておりません。お浄土に生まれさせることができ、また私たちが本当に便りにできるのは阿弥陀如来さましかないわけです。どんなときも、悲しければ悲しいほど仰ぐべきは如来さまなのです。お仏壇の前でお勤めするのは、そういう心からです。なお、中陰壇はお仏壇の横に設けるようにします。

ポイント
◎中陰壇の前ではなく、お仏壇の前でお勤めする。
◎お勤めは追善のためではない。