おしらせ

門信徒の皆様へ 葬儀会場使用のお願い

 当安楽寺は、ご門徒様から年間の会費や維持費といったものを、ここまで頂戴しておりません。それは、現本堂完成当時は、現在のようないわゆる「葬儀場・斎場」というものが今の時代のように存在しておりませんでした。ですからお寺を「葬儀会場・法要会場」として御使用いただく頻度(他宗派の御寺院様のご門徒を含め)が非常に高かったのです。
 現在も、「ご法事」として使用頂けることはありますが、「お葬儀」で使用されることは年間でもわずか数軒に減少しております。この「会場使用懇志」によって、本堂、会館部分の維持が出来ていたのであります。「何かあったときには多大なご協力を頂くんだから。」と歴代の住職、総代、役員の皆様が、年間の会費、維持費を頂かないようにと、ここまでその思いを頑なに守って参りましたが、時代の変貌と共に、それも大変難しい状況になって参りました。
 なんとか先人方の思いを大切にし、今後もこの安楽寺を護っていくことを考えたときに、どうか門信徒の皆様には、お葬儀やご法事等、ご検討される時には、是非ともお寺を会場として使用することを念頭にご検討いただければ誠に幸甚と存じます。それがお寺をお支え下さる一助となり、子や孫へお寺との繋がりや先人のご苦労を伝えられる大切なご縁となって行くと思います。どうかご一考いただきたいと切に願うことでございます。宜しくお願い致します。
 詳しい内容につきましては安楽寺までご相談ください。

合掌