12月16日に今年最後の大きなご法要である当寺仏教婦人会主催の「報恩講」をお勤め致しました。

布教使には富山県より四下順文師(妙傳寺副住職)に御出向いただき、コロナ禍を通して大変分かりやすく

浄土真宗の深きところをご解説、そしておとりつぎいただきました。

最善の感染対策を講じてお勤め致しました。婦人会の皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。