11月28日~30日は永代経のおまいりです。

私たちが今、尊き命をいただいて人生を歩めるのは、両親をはじめ多くの先達の方の計り知れないご苦労を頂戴いたしたからであるといえましょう。そして、先立たれていった先人の方々とのお別れのご縁を通して「この私が仏法を聞かせて戴くご縁に遇わせていただく」という感謝のお気持ちを持って勤まるご法要が永代経法要であります。ただ一度きりのご勝縁として是非ともご参詣下さい。

法要日程

11月28日(日)午後1時半より勤行  「仏説無量寿経」

11月29日(月)午後1時半より勤行 「仏説観無量寿経」

11月30日(火)午後1時半より勤行  「仏説阿弥陀経」

            「今年度永代経開闢法要併修」

 

◇ 布 教 使 ◇

名和 康成 師 (三笠市 善行寺住職)

 

コロナ禍での法要となります。ご参詣なさる皆様には、必ずマスク着用、本堂玄関にて検温(体温検知カメラがあります)を行い、手指消毒をお願いします。常時換気を行っておりますが、法要後、そしてご法話の休憩時間に大きく換気を行いますので、上着をお持ちになってご参詣下さい。体調がすぐれない方は、決してご無理なさらず、次のご参詣のご縁にお願いいたします。

 

古来より秋の永代経法要は、その年に収穫されたお米をお集めさせていただき毎日仏様にお供えするお米として、全てのご門徒がお寺に足を運び又、志納袋というものは、志をお寄せいただくために、同封させていただきました。古来より行事の際にご門徒の方々からお寄せいただいた志によって、その法要の際の仏様のお飾り、お華や、お供え、蝋燭お香といった法要で使用するものをご用意させて頂く為に集めさせていただいております。つまり浄土真宗の法要は門信徒の皆様のお心、皆様のお心、皆様のお気持ちで創り上げるのです、温かいご協力をお願い申し上げます。

尚、昨年来新型コロナウイルス感染症拡大により多方面で大変な思いをされております。わが宗派には、全国の児童養護施設の連絡協議会があり、この度も上納されたお米の一部を支援の為にお送りしたいと考えております。お米のほかにお野菜などご協力いただけれるものがあれば是非ともお寺にお寄せ下さい。法要終了後にお送りいたします。