トピックス

親鸞聖人750回大遠忌法要 第3団体参拝旅行報告 11月15日

いよいよこの日から旅行になります。新幹線で一気に関東へ向かいました!
まずは腹ごしらえ、ということで富士山が見えるところでお食事・・・が肝心の富士山はどこへやら・・・あいにくのお天気で姿を見ることが出来ませんでした。

■昼食は釜飯でした

■関所跡見学

■芦ノ湖遊覧

■大涌谷見物

 

この日は移動距離も長かったので、三ヶ所だけ観光し、早めに箱根の温泉に入り、ゆっくりお風呂に浸かり、旅の疲れを癒していただきました。

トピックス

親鸞聖人750回大遠忌法要 第3団体参拝旅行報告 11月14日

■早朝5時半にホテルロビー前に集合しおあさじへ!

■阿弥陀堂は満堂でした!

■朝の本願寺阿弥陀堂

■朝の本願寺阿弥陀堂門

■新撰組が駐留していたといわれる太鼓楼

 

おあさじ後、ホテルへ戻り朝食をいただき、再び本願寺へ徒歩で移動し、親鸞聖人750回大遠忌法要に参詣いたしました!!
この度は全国から約5000人のご門徒が参集し法要がお勤まりになりました!(ちなみに前日は日曜日ということもあり約7200人の方々が参集されたそうです)

■この度は讃嘆衆として出勤させていただきました(龍笛を奏でながら縁儀での入堂でありました)

■親鸞聖人750回大遠忌法要(お供物は季節のものを中心に荘厳されておりました)

■親鸞聖人骨肉の御真影

■帰敬式を受式された皆様

■法要が終わり、ホッとしながら昼食を頂きました

■安穏弁当

■同行してくださった添乗員のみなさん

■唐門

■御影堂

■北海道教区保育連盟が寄贈した親鸞聖人童形モザイクアートの前で偶然出会った連盟キャラクター プトリとプトラと一緒に記念撮影

■法要が終了しても、にぎわいを見せる門前

■御影堂門前(少年連盟が寄贈したペットボトルの蓋で作成した親鸞聖人のお姿)

■食事会場は素晴らしいお庭のある「がんこ二条苑」でした

 

この旅の一番の目的であった親鸞聖人750回大遠忌法要に参詣することが出来て、ご参加いただいた皆さん、ホントに心から感動されておりました。良きご縁に遇えてホントに良かったですね。

夕方、本山を後にして、夕食会場へバスで移動しました。
舞妓さんが踊ってくださり、お酌をしてくれたり、記念撮影をしてくれたり、和やかな雰囲気の中で、ひじょうに盛り上がりました。ここまでかなりキツイ日程でしたので、参加者の皆さん、やっとホッとしてゆっくりと食事を召し上がることが出来ました。

■乾杯のご発声を頂いた岩田さん

■杯を交わし、美味しい料理をいただきました

■舞妓さんにお酌してもらう赤池さん

おしらせ

親鸞聖人750回大遠忌法要 第2弾 団体法要参拝 門徒子弟(後継者)と住職本山参拝の旅 参加募集

慈光照護のもと、ご尊家皆々様におかれましてはご清祥にてお過ごしのこと大慶に存じます。

本年4月より、京都ご本山本願寺に於いて親鸞聖人750回大遠忌法要が、10年の歳月を経て大修復されました御影堂にて、1年間に渡りお勤まりになります。

この記念の年に当寺では、春夏秋冬の4回にわたって、団体参拝旅行を催すこととなりました。
既に4月9日~12日の日程で、「安楽寺第1団体参拝旅行」を22名の方々にご参加いただき開催致しました。
この度は、第2団体参拝旅行のご案内をさせていただきます。対象はご門徒のご子息、お孫さんであります。 
ご参加下さった子ども達が、やがて大人になった時に、「子供の頃、住職と共に親鸞聖人の750回大遠忌法要にお詣りしたな。」という記憶が残って、後の世の人の為に、ご尽力いただける方々に育って欲しいという願いの中で、この度の団体参拝を計画させていただいたことであります。

また、宗派保育連盟の法要と同じ日程でおまいり致しますので、当寺の幼稚園「やすらぎ学園」の教諭全員と、当寺法務員、近隣の御寺院の若手僧侶の方々にご一緒に引率していただきます。万全の体制でお連れ致しますので、親御様にはご心配が多々あろうことかと思いますが、どうぞご理解の上ご参加の程よろしくお願い致します。

尚、大人の方もご一緒に参加出来るよう準備をしておりますので、この日程しか京都へおまいりするチャンスが無いという方、是非ご一緒にご参加下さい。

又尚、このご縁に併せて、帰敬式(おかみそりともいう 生前に法名を頂くお式)の受式や、大谷本廟への分骨も行程の中に入っていますので、ご検討下さい。但し、帰敬式受式をご希望されます方で、内願法名(ご自分のご希望の字を入れる)をご希望する方がいらっしゃれば、最低2ヶ月前には申請をしなければなりませんので、お早めにお知らせ下さい。

近くなりましたら、事前に「旅行説明会」を開催致しますが、ご質問等あればお気軽にお電話で結構ですので、おたずね下さい。又、航空機の料金、ダイヤ等、航空会社の都合により変更になる場合がございますので、その場合はあしからずご容赦頂きますようお願い申し上げます。それではよろしくお願い致します。

合 掌
2011.5
安楽寺住職 横湯 誓之

内容
詳細
日程 平成23年7月23日(土)~7月26日(火) 3泊4日
法要日 7月23日(土)午後1:00~2:00
目玉 京都方面(2泊)・ユニバーサルシティ(1泊)
京都観光(トロッコ列車保津川下り太秦映画村
ユニバーサルスタジオジャパン大阪ダックツアー(水陸両用バスで行く大阪市内観光)
(全て添乗員がつきます)
宿泊 京都新阪急ホテルホテル京阪近鉄ユニバーサルタワー
料金 93,000円(子供料金 小学生まで)
107,000円(大人料金 子供さんとご一緒にどうぞ)
募集人員 10名 最少催行人数8名
申し込み 所定の用紙にご記入の上、返送連絡先は安楽寺(TEL011-891-2903/FAX011-891-2948)へご連絡ください。
日程
行程・宿泊地
7月23日(土)
札幌(各自) ─バス─ 新千歳空港 ─8:00発 ANA402便 10:00着─ 神戸空港 ─私鉄(約20分)─ 三宮駅 ─JR(約50分)─ 京都駅(昼食)ご本山参拝(まことの保育第28回全国保育大会) ── ホテル(夕食)

宿泊:京都市内 新阪急ホテル

7月24日(日)
ホテル ─8:00 徒歩─ 京都駅 ─8:26 JR 8:43─ 嵯峨嵐山・トロッコ嵯峨駅 ─9:07 嵯峨野観光鉄道トロッコ列車 9:30─ トロッコ亀岡駅 ─9:51 路線バス 10:00─ 亀岡乗船場 ─保津川下り 12:00─ 嵐山 ─13:30 京福電鉄 14:00─ 太秦映画村 ─16:00 路線バス 17:00─ホテル

宿泊:京都市内 新阪急ホテル

7月25日(月)
ホテル ─JR─ ユニバーサル・スタジオジャパン ─徒歩─ ホテル(夕食)

宿泊:大阪市内 ホテル京阪ユニバーサルタワー

7月26日(火)
ホテル(朝食) ─8:30 バス─ 大阪市内観光『大阪ダックツアー』9:20-11:00 水陸両用バスでの大阪名所めぐり ─私鉄─ なんば ─12:00 南海特急「ラピート」(昼食) 12:37─ 関西空港 ─14:10発 1717便 16:00着─ 新千歳空港 ─バス(各自)─ 札幌
法要

親鸞聖人750回大遠忌法要 第1団体参拝旅行報告 平成23年4月9~12日

去る4月9日~12日の日程で、当山親鸞聖人750回大遠忌法要第1団体参拝旅行が開催されました。
22名の方々がご参加下さり、ひじょうに和やかな中で、本山参拝、そして旅行を楽しむことが出来ました。京都の桜の開花とピッタリのタイミングで、旅行を開催することが出来ました。参加者のお一人が、「一生分、桜を見せてもらった。」と仰っていたのが、印象的でした。
写真と解説を入れ、分かりやすく旅行の模様をお伝えします。ご覧下さい。

4月9日(土)

午前7時:新千歳空港に集合! 遅刻者も無く、皆さんにこやかに集合下さいました。 午前8時10分の便で、一路、神戸空港へ!

神戸空港に無事到着!

今度はバスに乗車し、「天の橋立を」目ざし、一気に日本海側へ!

到着後、まずは腹ごしらえ!お腹もすいてましたね!

  
ジャーン! これが天の橋立です! 残念ながら少し曇っていますが、素晴らしい光景でした。

当然、お約束の如く、皆さん、またの間から、のぞく、のぞく・・・。

皆さん、どこへ行っても買い物、買い物・・・。何をそんなに買うのかと思いましたが、たっぷりと日本経済のために貢献されていました!!

素晴らしい光景を見た後に、一路、お宿へ。初日は、城之崎温泉で外湯巡りをします!お宿は、城之崎リバーサイドホテルさんです。歓迎「安楽寺」様!

この度、団長を務めていただいた、前川 清さんの乾杯のご発声で、宴会が始まりました!

おいしいですか?「は~い!」と聞こえてきそうですね。。。。。

見てください皆さん!これが城之崎温泉の夜桜と柳の木です。きれいでしょう!
ご参加いただいた皆さん、外湯と夜桜を堪能され、初日を終了いたしました。
朝も早かったので、早めのの就寝になったようです。。。。。

4月10日(日)

朝8時にお宿を出発し、一路、宝塚を目指します! 本日は、ご参加いただいた皆さんが楽しみにしていた「宝塚歌劇団」を鑑賞し、京都へはいる行程です。

どこを走っても、見事な桜が咲いていました!

宝塚に到着!

 

この度の演目「バラの国の王子」素晴らしいお芝居でしたよ!

終了後、京都を目指すも、快晴と桜の開花もあり、道中は大渋滞でした!京都も桜が満開でした!

ホテルにはいる前に、京都市美術館で開催されました、「親鸞展」を見にいきました!

ホテルに到着後、夕食をとり、夜桜見物に行く予定でしたが、早朝から動いていること、また、渋滞に巻き込まれたりと、皆さんお疲れのことでしたので、代表して住職一人で夜桜見物へ行って参りました。写真でどうぞ!!

祇 園①
八坂神社のしだれ桜

知恩院の参道

祇 園②

4月11日(月)

 本日は朝5時に集合して、おあさじ、そしてこの度の旅行のメインイベント、「親鸞聖人750回大遠忌法要」におまいりいたします!

皆さん、朝から足取りも軽く、一日がはじまりました!

新門様、御門主様、両門様お揃いで御出座でございました

親鸞聖人ご真影様前のお荘厳(御影堂)

3000人の参詣者集いてのご法要

 

唐門の前で記念撮影

そびえ立つ国宝 飛雲閣

  

帰敬式を受式された櫻井さん

 

「龍谷ミュージアム」

「伝道院」

明著堂まえにて記念撮影

先達のお骨を納めている納骨壇でおまいり

本日の最後の行程であります大谷本廟の参拝を無事に終え、ホテルに向かいました!

楽しい宴会でした!舞妓さんと坊守

なかなかいない仲居さんに、ひじょうに楽しませていただきました。

  

笑い疲れしましたね。。。。。

 
   

   

4月12日(火)

 

最終日は、時間の許す限り、京都を満喫いたしました。

天龍寺のしだれ桜

大原三千院 往生極楽院

青蓮院 樹齢800年のくすの木

南禅寺三門

春の京都を満喫し、関西空港の最終便で北海道に安着いたしました。少し欲張りすぎたせいか、疲れが残った方もいらっしゃったようですが、なかなか遇うことの出来ない、親鸞聖人のご法要、そして春の京都を楽しまれたことと思います。
お寺の掲示板に安着報告をまとめておりますので、お寺に来られた際には、是非、目を通してください。
ご参加頂きました皆さん、この度は本当にお疲れ様でした。そして有り難うございました。

合 掌

おまけ

行く先々でおいしいお料理に出会いました。少しだけ写真をお載せします。

お肉もおいしかったです

お魚ももちろんおいしかったです

京都といえばやはり湯豆腐でしょう!おいしかったですよ

京野菜もおいしかったです!!

  

同行してくれた「あみだ堂」の能呂くん おいしそうに沢山食べていましたね! いろいろと有り難うございました!

 

写真撮影(住職)

スペック:カメラ(メイン)「Canon EOS7D」・レンズ「TAMRON AF18-270mm」
カメラ(サブ)「Canon IXY DIGITAL 930IS」

トピックス

ご本山降誕会参拝と京の文化を訪ねて(団体参拝旅行5/19~22)

当寺では2年に一度、ご本山西本願寺へ参拝すると共に、門徒一同の親睦を深める為に、団体参拝旅行を開催しております。もう何度もご参加下さった方もあれば初めてのご縁の方も沢山いらっしゃいます。寝食を共にするということは、何事にも代え難い深き出遇いの場でもあります。

この度は、以前よりご希望の多かった、親鸞聖人のご生誕をお祝いする降誕会の法要に合わせて、旅行を計画させて頂きました。まず、ご門徒の皆様の先達のご遺骨を親鸞聖人のお膝元に分骨をさせて頂くために大谷本廟(本願寺の墓所)に立ち寄り、その後、これも以前よりご希望のあった香道体験、そして二日間に渡り勤められる降誕会法要に参拝致しました。このご縁のみ開放をされる国宝飛雲閣での呈茶、そして、京都観世流のお能を見学し、その後、神戸へ移動し、野球観戦をするグループと船上ディナーを楽しむグループと別れ、それぞれ楽しませて頂いたことでありました。最終日にはモダン寺と呼ばれ、地域に親しまれている神戸別院を参拝し、阪神淡路大震災のありさまと復旧までのお話しを別院の副輪番から丁寧にご説明頂きました。

写真と参加者の感想文、参加者名簿を掲載致しましたのでご覧下さい。

(住職記)

さあいよいよ出発です(バスでお寺を出発)

飛行機に乗る前

大谷本廟で分骨

香道体験1(香木の香りをきいています)

香道体験2(お作法通りできるかな?)

夕 食(舞妓さんが来てくれました)

夕 食(鼻の下のびてますか?)

二日目の朝(眠い目をこすりおあさじ)

おかみそりを受け法名を頂きました

国宝唐門

国宝飛雲閣(呈茶接待)

完成間近の御影堂

嵐山でしばしの休息

ひばり館のまえで

夕食は湯豆腐でした

降誕会法要(御真影様)

観世流 お能

野球観戦チームです

盛り上がりましたよ!!

ジェット風船!!(応援の甲斐あって阪神の勝利でした!!)

出航前の神戸港

おいしい料理でした

モダン寺(神戸別院内陣)

最後に中華街で食事し帰路につきました

岩田恭子

ご本山降誕会参拝に参加して 今回の旅行で三回目になりますが、その時々で旅行の内容も違い、参加する人も違い、人と人のふれ合いの中、今回は娘と一緒の参加なので、親子二人の時間がとれ、親子の絆も深まりとても有意義な旅行になりました。

今回は降誕会に合わせての参拝旅行でしたので、参拝の時間も多く、娘も初体験で、朝早く起き、おあさじ、逮夜法要、日中法要など、本当に心が洗われたと、皆様によろしくお伝えて下さいとのことでした。

私も初めての行動体験、不運角の体茶接待、能舞台では私ひとりが夢中になってしまい、時間切れで呼ばれびっくり! そして最後の夜は野球観戦で、阪神の応援のすごさに驚き、ついつい私もその気になり、応援のせいか風邪のせいか、次の日は声が出なくなるハプニングもありましたが、多彩な旅行でした。人と人との出会いを大切に、次回の旅行を楽しみにしたいと思います。

最後に住職さん、九朗津さん、お寺のお留守番にあたられた皆様にお礼を申し上げ、ペンを置きたいと思います。ありがとうございました。

高山静江

この度、御住職様より御本山降誕会参拝を兼ね、主人の納骨をしては…と誘われ、参拝させていただきました。住職様を始め、御同行の皆様には大変お世話になりあつく御礼申し上げます。有り難う御座いました。

本山に到着しました時、初めてなのであまりにも広い偉大さと、御立派さで、唯々心の中で念佛を申しておりました。今日から主人も父と弟と三人で親鸞様のお膝元で佛道に入り、御念佛する事と自分ながらに思っておりました。結婚して60年、私と共に苦労したことなど、感謝しながら、納骨堂に別れを告げ後にしました。

見物も京都・神戸別院、方々を楽しませて頂き有り難う御座いました。もう本山参拝は無理だと思いますが、良い一生の思い出になりました。

本当に、御同行の皆様、有り難う御座いました。  合 掌

小幡啓子

この度、親鸞聖人の降誕会に、私は主人と二人で参加させていただきました。大谷本病で参拝を済ませ、行動体験は乞うの深い歴史があることを始めて知って感動しました。

次の日の朝、本山おあさじに全員で参拝。御堂では念仏お婆さんに出逢い、声高々に響く南無阿弥陀仏-、何回も声高く響き渡っていました。私は本山に行くたびに、朝の御堂法話が楽しみで、今回は4月5日に安楽寺常例布教にこられた服部乗慧師の法話で、念仏の御縁って素晴らしいとあらためて感じたことでした。また他にも素晴らしい出逢いがありました。平成11年6月28日安楽寺降誕会ご講師として来られた、青少年カウンセリング講師の外松太恵子先生にお会いできた事、10年振りの再会で懐かしく思う事でした。

2日目の朝は自由でしたので主人と二人で外を見物しながらおあさじに向かいました。御堂は満堂でした。御堂法話で服部乗慧先生は、中村富子さん(84歳)の母、久子様のお話をして下さいました。母の久子様は突発性脱疽という(霜焼)病気でした。3歳の時、両手両足を失い、大変な日暮らしだったと思います。ある日、お母様に針と糸を渡され、針に糸を通すことができないと母に言うと、母にお前の努力が足りないからだと言われた事、着せ替え人形を作り近所の子どもに差し上げた時、汚いと言われ外に捨てられた事など、どんな悔しい思いをしたのではないだろうか。久子さんはどんな困難にも負けずに生きた人、あらゆる困難を乗り越えて生きた感動の生涯を送った人のお話でした。

お昼に門法会館で食事をしていたら服部先生が安楽寺の団体が来ているとの話を聞いてご挨拶にきてくれました。

最終日の神戸別院では、副輪番の尾井様から神戸大震災の思いを約30分に渡りお話ししていだきました。

富山県滑川市の御門徒さんと一緒とのことでしたが、少し遅れてきましたので、先に説明して来れました。別院では葬儀が入っていた為、納骨堂等、施設を見ることができず残念でした。帰りは神戸空港より無事に帰ってきました。

3年後の親鸞聖人の750回忌に元気であれば2人で参拝したいです。昭和36年にも父親が700回忌法要参拝記念に阿弥陀様の絵像を買ってきてくれた事、いつまでも父に感謝しています。南無阿弥陀仏

宮川一昭

南無阿弥陀仏の気持ちをたずさえて… このたび、心待ちにしておりました、ご本山参拝に参加させていただきました。

旅の表題にふさわしく、京都の文化、歴史を尋ねる感慨深い旅となり、また、同行の皆様と和やかに過ごした時間は、楽しい旅の想い出となりました。

私事ではありますが昨年、突然の病に伏しておりました。

それ故、今回の機会、一度は遠慮させていただいたお誘いであります。
ですが、安楽寺様から直々の御丁寧なお誘いと、家族等の励ましに後押しされて、実現することができました。
早速、ご本山参拝のおかげでしょうか? 以前の体調、不安は何処へやら?? …日々、陽気に誘われるまま、あちらこちらへ出歩いております。
おかげさまで、今回の旅行に参加できましたこと、本当に感謝致します。もう今から、次の旅行が楽しみでなりません。

話には聞きます壮大な奈良の大仏様…一度、見上げてみたい気が致します。

合 掌

山下知恵子

ご本山降誕会参拝に参加させて頂き有り難うございました。

本山での帰敬式に臨み、ご門主様から直接おかみそりを頂き、法名も頂きました。そして納骨堂でつぶやいた一言で実家の父のお参りもさせて頂きました(久朗津様にも感謝です)

この度は、私にとって、いろいろな事で大きな意味ある旅となりました。有り難うございました。

合 掌

井田八重子

はじめてのご本山参拝をさせていただきありがとうございました。

私ごと出発前の慌ただしい中ではありましたが、無事何事もなく参加出来、いまだに夢の様に思っております。

毎週の兄のお参り(中陰)に少しずつ旅の話を語っております。

本当に皆様のお陰でありがとうございました。出来ればもう一度…と思ってます。

山下君子

この度の旅行には大変お世話になりました。始めてご本山参拝に参加させて戴き、ご門主様のお姿も拝見出来て、貴重な体験も沢山させてもらい、有り難う御座居ました。

本願寺の広さにもびっくり、私は足腰が悪く皆さんに暖かい心遣いを井Tだき有り難う御座居ました。とても楽しい旅行でした。

食事も肉嫌いの私にはとっても嬉しい食事で特に京料理とあって、大変おいしく戴きました。また船のお食事も夜景を見ながらすてきでした。

また連れて行って下さい。

粟井一子

初めてのご本山参拝にいかせてもらいありがとうございました。大谷本廟で納骨していただき、きっと本家(粟井家)と一緒でよろこんでいると信じてます。香道体験も考えても見なかった事で勉強になりました。

おあさじ、帰敬式、法要、たくさんのお寺さんでびっくり、神戸には何度か息ましたけど、夜の船での夕食の夜景はとてもきれいでした。

4日間で、添乗員、お寺さん(安楽寺)、門徒さんとの暖かさを感じ、楽しく無事に帰ることが出来ました。ありがとうございました。

三河敏勝・道子

このたび、縁があり初めて「ご本山降誕会参拝と京の文化を訪ねて」の旅に参加させて戴きました。

そして、今回母親が糖尿病、認知症、パーキンソン病等を患い病院に入っており、容体を案じながらもおもいきって夫婦で参加させていただきました。

1日目の夜の雨以外は、お天気にも恵まれ大変楽しく心に残った旅行になりましたが、私達夫婦の第1の目的であります大谷本廟の参拝、また2日目の帰敬式でのご門主様からの「おかみそり」を頂き、感無量とともに、久しぶりに緊張した一瞬でありました。

また、帰敬式を受けるに当たり、宗祖降誕会の日に「おかみそり」を頂いたことは、一生の思い出であり、これを何かの結びつきと感じるところでございます。

それとともに、私達夫婦にとっても格別意義のあるものとなりました。
このたびの旅行参加にあたり、なつかしい人とお会いできたこと、昔のことを想い出したり、初めての方との交流、とても和気あいあいの旅でした。ありがとうございます。
今回の旅行でお世話いただいた住職様、坊守様、総代であります立山様、本当にご苦労様でした。
そして、その他の参加者の方もご苦労様でした。共におつかれ様でした。

心から感謝申し上げますとともに、これからもお体を大切に、ご活躍のほどを!

合 掌

野坂誠光

ご本山降誕会参拝と京の文化を訪ねて 5月19日朝8時30分にお寺を出発し3泊4日の旅のスタートを切りました。今回の旅は本山に2日間程泊まりお寺参りを充分にさせて頂きました。

その間合いを利用、飛雲閣にてお茶の接待を受け、私の人生で初めての経験をしました。その後、嵯峨野で夕食(豆腐料理)と楽しい1日を過ごしました。

翌日は能を鑑賞し、夕食はコンチェルト(船)でのバイキング料理に舌づつみを打ちました。

最終日は、神戸別院参拝と中華街散策をして帰路につきました。5月22日18時30分到着で、今回の旅行の締めくくりと成りました。

今回全員26名の旅でしたが、非常に楽しく和やかな旅行でした。また全員が何ごともなく元気で無事に帰省できてよかったです。住職さんや坊守さんは種々(いろいろ)と気を付かわれ有り難うございました。

またの機会にご一緒させて頂きます。有り難うございました。

西尾忠博・芳子

此の度「ご本山降誕会参拝と京の文化を訪ねて」に2人で参加させて頂き、大変お世話になり有り難うございました。前々から気になっておりました大谷本廟へ両親の納骨を済ませる事が出来、安堵いたしました。

一般的なツアー旅行は何度かありましたが、本願寺参拝・香道体験・飛雲閣のお茶接待・能鑑賞等この度は私達にとりましても意義のある旅でした。9名で観戦に行った神戸スカイマーク球場の「オリックス対阪神」の交流戦は大変盛り上がり、ビールも美味しく、虎キチとしては最高の試合展開になり、全員酔いしれて球場を後にしました。神戸中心街のシャトルバスも久朗津添乗員さんのお勧めで、のんびりと観光できました。そして一緒に行った皆様方との出合い、楽しいひとときを過ごす事ができた事、みんな忘れられない想い出となるでしょう。

最後になりましたが、日頃お忙しい住職・坊守さんの細やかな心配りの中で本山参拝を出来ました事、心より感謝申し上げます。

西本願寺 国宝唐門の前にて

モダン寺(神戸別院)正面にて

参加者名簿(順不同)

立山一雄さん・粟井幸子さん・佐藤祐子さん・藤原洋一さん・藤原たえ子さん・藤原順子さん・岩田恭子さん・岩田眞由美さん・三河敏勝さん・三河道子さん・西尾忠博さん・西尾芳子さん・山下君子さん・山下知恵子さん・羽田嘉子さん・高山シズエさん・粟井一子さん・井田八重子さん・小幡三男さん・小幡啓子さん・野坂誠光さん・宮川一昭さん・能呂修一さん・伊藤阿沙美さん