読みもの

教え tell me – vol.22 自粛警察

 気がつけば今年も半年が過ぎ、あっと言う間に夏を迎えることになりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?コロナ禍で自粛生活を余儀なくされる毎日にストレスをため込んでいる方も大勢おられることと思います。そのような中、緊急事態宣言が解除されたとはいえ、もう少し我慢する必要があるのではないか?と強く感じている方が不自由な生活の鬱憤をはらすため、場所を選ばず他人に自粛を強要してくる【自粛警察】なる言葉も生まれてきました。今回はその【自粛警察】を体験したお話をご紹介させていただきます。私がアメリカのコロラド州に開教使として勤務していた頃の話です。デンバー仏教会を中心に地方5ヶ寺を上司のK先生と2人で担当していたのですが、その中でも、一番遠いアラモサ仏教会に向かっていた時のことです。街中に入り信号待ちをしていたとき・・・前に止まっていた車から髭を生やしたサングラスの白人が不機嫌そうな顔で私の車の窓をノックしてくるではありませんか。窓を開け『どうかしたんですか?』と聞くと『お前は何で運転中に携帯電話を使用しているんだ?運転中に電話したら危ないって常識も知らないのか?ちょっと車から降りろ!』とすごい剣幕で怒鳴ってきたのです。意外なことを言われ驚いた私は『私が運転中に携帯電話を使用していたですって?言いがかりはやめてください。それに仮にそうだったとしてなぜあなたにそこまで言われる必要があるのですか?』と言うと『そうか、そういう態度なら今すぐ警察を呼んでやるからな!ナンバーは控えてあるから逃げても無駄だぞ!』と急に警察に電話したのです。しばらくすると赤と青のど派手なライトのパトカーが到着し、2人の若い警察官が先ほどの髭の白人と何やら外で話し合っている姿を見たとき『こんなことなら素直に車から降りておけば良かったのかな』と私が覚悟を決めたころでした。1人の警官が私のそばまで来て『いやあ大変でしたね、もう行って結構ですよ』と予想外のことを言うのです。なぜ私が不問に処されたのか理由を尋ねると『ここだけの話、実はあの髭の人はこの界隈で有名な元刑事でアジア人を目の敵にしてるんです。あなたのような獲物(外国人)を探すためにここら辺をパトロールしているってわけなんですよ』と、どうやら警察にとって毎度のことようでした。
 自粛警察は世間の暗黙のルールを盾に、彼らなりの正義を振りかざし同調を強要してきます。しかし暗黙のルール(正義)は時代や国、時と場所によって変わり続けていきます。私たちが今、自粛しているのは大切な誰かを守るためにやっているだけで、自粛自体が目的ではありません。不確かなものをよりどころとしてしまいそうなコロナ禍の時代が訪れてきたからこそ、今一度私たち浄土真宗門徒は阿弥陀さまが私たちにかけられた願いを確かなもの(生活の中心)として共にお念仏の人生を歩ませていただこうではありませんか。                           合掌

読みもの

教え tell me – vol.21 年末を迎えて

 月日の経つのは早いもので、2019年もまもなく終わりを迎えます。ちょうど今頃、今年はどんな1年だったかなぁと、ゆっくり大晦日の紅白を見ながら振り返る人も少なくないのではないかと思います。

 さて12月といえばクリスマス。プレゼント交換したり、ごちそうを食べたりと楽しいことがあります。ただクリスマスにキリストの誕生を心の底から祝っている日本人がどのくらいいるのでしょうか?口ではメリークリスマス!と言いながら、24日を彼氏彼女と過ごす口実にしたり、宗教的な意味抜きでプレゼント交換をしていたりします。 そうは言ってもクリスマスがとにかくめでたい日であるという意識は日本人の中に強く根付いており、キリストをそこまでお祝いする気持ちにはなれなくても12月25日がキリストの誕生日だということは、ほとんどの日本人が知っていることです。一方で、お釈迦さまの誕生日が4月8日だということを知っている日本人がどのくらいいるのでしょうか?

 以前某テレビ番組で「イエス・キリストの誕生日であるクリスマスは盛り上がるのに、お釈迦さまの誕生日で盛り上がらないのはおかしい!」と主張していた吉本新喜劇の座長である小籔千豊さんがこのようなことを発言しておりましたので紹介させて頂きます。

「皆さん、12月25は何の日ですか?」-クリスマス。
「じゃあ、2月14日は?」-バレンタインデー。
「では、10月31日は?」-ハロウィン。
「じゃあ4月8日は何の日ですか?」会場は誰も反応できず場が静まり返ります。
 小籔さん「4月8日は、お釈迦さまの誕生日じゃっ!」と一喝!

 そしてそれに続く内容がとてもユニークで、「4月8日にクラブでパーティーをしよう!」「天上と天下を指さすポーズで踊ろう!」と言われたり、やっぱりバレンタインや恵方巻のように食べ物もあるといいから「フライドポテトと粉チーズやお塩を紙袋に入れてシャカシャカ振る『釈迦釈迦ポテト』」、『ホットケーキ(仏ーキ)』を食べて、お釈迦さまの誕生日をお祝いしよう!と話されていました。その後かなり多くの反響が見てとれたのを受けて小籔さんは、4月8日に『お釈迦さま‘S B.D. FLOWER FESTIVEL!!』と題したパーティーを開催し、多くの若者の心に仏教に触れる機会(ご縁)を作ってくださいました。
 形はどうあれ仏縁を増やす彼の行為はとても喜ばしいことだと思います。いつの日かこの積み重ねが、お釈迦さまの誕生日を国民的行事にする大きなきっかけになり、またひとりでも多くの人の心に仏教が届いてくれることになれば、僧侶としては嬉しいかぎりです。
そして私自身も小籔さんのように仏縁を広める努力を少しでも増やしていけるように念じて年末最後の言葉にかえさせて頂きます。

読みもの

教え tell me – vol.20 お盆を迎えて…

 気がつけば今年も半ばが過ぎ、あっという間にお盆の時期を迎えることになりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか? 札幌では5月は暑い日もあったのですが、6月はなぜか寒い日が続き、はたして7月には夏が来るのか? と思ってしまう今日この頃です。
 私の実家九州も大雨による被害が続き、特に九州南部では記録的な豪雨に見舞われた方が多くおられたかと思います。被害に遭われた皆様方へ心よりお見舞い申し上げます。
 さて、日本の夏の国民的行事と言えば「お盆」が最初に思い浮かぶかと思いますが、では米国でこの「お盆」に相当するものは何でしょう? 「ハロウィン」じゃないの? と多くのかたがそう思っているのではないでしょうか。私が米国のデンバー仏教会に奉職していた時も10月最後の日曜日に毎年必ず、お寺の会館で仮装大会が開催されていました。子どもの部、少年の部、大人の部とお寺のみんながこの1年間練りに練ったアイデアで仮装をし、ひとりひとりが舞台でそれを披露し、審査員が厳正な審査をし点数をつけるという・・いわゆる○ちゃんの仮装大賞的なもので大変盛り上がる行事です。日本でもハロウィンはテレビの影響もあり、すっかり定着したように思われますが、何のために仮装してるのか? なぜカボチャを飾るのか? 本当の意味を知らずに行っている方が多くおられると思います。
 アメリカのお祭りと思われがちなハロウィンですが、実は違います。今から2000年前、ヨーロッパの古代ケルト人の宗教的なお祭り「サウィン祭」が由来だと言われています。「サウィン祭」とは秋の収穫を祝うと同時にご先祖様の霊をまつり、悪霊を追い払う大事な行事でした。古代ケルトでは10月31日を一年の終わり(大晦日)とし、この日の夜に死者の魂がこの世に帰ってくるという言い伝えがあり、この日だけはこの世とあの世の境目がなくなり、ご先祖様や故人の霊が家族に会いに帰ってくることができると信じられていました。反面、悪霊もこの世にあらわれ悪さをするとも言われていて、そのため悪霊に子供をさらわれたり、悪さをされないよう「仲間」だと思ってもらえるようにゾンビや魔女、吸血鬼など化け物の仮装をするようになったそうです。そしてハロウィンのシンボルであるカボチャの提灯は、あの世からやってきた悪霊を追い払うという魔除けのためと言われています。元々、カボチャではなくカブが使われていたようですが、米国に伝わってからカボチャになったと言われています。
 「ハロウィン」と「お盆」全く違う行事ではありますが、家族や親戚一同がそろってお供え物やお墓参りをしたり、ごちそうを食べたりして亡き人への想いを大切にしたいという心は国や文化が違っても同じではないでしょうか? そして、私たち日本人も、お盆に集まり手をあわせ「今年も元気で良かった」と、互いの無事を喜びながら久しぶりの家族団欒の時間を持つ、その時お盆は単にご先祖さまを偲ぶだけでなく、今年もみんな無事に過ごさせていただきましたという、今を生きる私たちの、命への感謝のご縁ともなるのではないでしょうか。お盆はただ実家に帰省するだけの行事ではないのだなぁとこの機会に感じていただければ幸いです。

読みもの

教え tell me – vol.19 除夜の鐘の思い出

2018年も残すところあとわずか、平成最後の12月となりました。平成生まれときくと、若いなぁと思っていた人たちも30歳代に突入していくわけですから、なんだか感慨深いものを感じます。子どもにとってはどきどきわくわくの年末年始も大人のわたしたちにとってはせわしなくあっという間に過ぎてしまう季節ではなかろうかと思います。

さて私が子どもの頃の年末年始といえば、やはり【除夜の鐘】がメインイベントでした。なぜメインイベントなのか?と言いますと、【除夜の鐘】を108発つく人たちのために大福引き大会を開催していたからです。つまり108人分の景品を用意していたのですが、決してお寺の予算から景品を購入するのではなく、お寺で活動していたボーイスカウトやガールスカウトのみんなでチームに分かれ、町の商店街に繰り出し一軒一軒「【除夜の鐘】に御協力のほどよろしくお願い致します!」と頭を下げて108個以上の景品がそろうまで街中を歩きまわっていたのです。子どもの頃の私は最初、この景品集めがものすごく苦手でした。なぜなら普段はお金を払って購入する品物をただ頭を下げただけでもらうなんて、まるで物乞いじゃないか?と感じていたからです。

あるときそのことを父に尋ねてみると、「おまえは何を勘違いしてるんだ?街の皆さんから布施していただいた景品だからこそ、ありがたいんじゃないか!中にはこの【除夜の鐘】のためだけに豪華な景品をわざわざ用意してくれてる商店街の人たちもいるんだぞ」
父いわく、私利私欲のために景品を集めているわけでなく【除夜の鐘】に集まってくれた皆さんのために、今年も嬉しいこと楽しいこと悲しいこと色々あったけれど、こうして皆で無事に年末年始を迎えることができて良かったなぁ。というただその思いひとつだと。

【除夜の鐘】が鳴り出すと毎年多くのひとたちのこころに様々な思いが蘇ってきます。新しく生まれた命もあれば、さよならも言えずに過ぎ去っていかれた命もあります。思えば、あそこでこんなふうにしていればなぁとか、悔やむことも多々あります。けれども、私たちの人生は一度限りでやり直すことはできないため、なかなか思うように行かないのが現実です。ただやり直すことのできなかった一年でも、一日でも、何度でも見直すことは出来ます。一年ごとに新しく踏み出していく気持ちで新年を迎えたいものです。

往く人も来る人も一期一会、めぐる季節も一期一会

この気持ちをこれからも忘れずに大切にしていきたいものですね。みなさま、本年も新たな気持ちでよろしくお願い致します。

合 掌

読みもの

教え tell me – vol.18 墓参

気がつけば今年も半年が過ぎ、あっと言う間に夏を迎えることになりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?ワールドカップサッカー、日本のベルギー戦を生放送で応援されていた皆さんは、一瞬でも良い夢を見れた代わりに寝不足になられた方も大勢おられるのではないでしょうか?(ちなみに私は生放送を最後まで見ていた口です。)

さて、毎年この時期になると私の頭に浮かんでくるのはお墓参りのことです。今回は私がまだアメリカに開教使として奉職していた頃の話をご紹介します。赴任当初、米国人は墓参りをする習慣は特に無いと聞いていたので、墓参りに行かなくていいのかぁと勝手に思っていたら、上司の先生が「お墓参りに行く事?ありますよ!」と言われたのを聞き、なぜかと事情を尋ねると、戦争中、米国内に住んでいた日本人がアメリカ兵として最前線に送られた戦没者や、アメリカ人兵に連れてこられて米国内で亡くなった戦争花嫁のお墓に参るとのこと。どうぞ気軽に行ってください。と手書きの地図を渡され向かった初日の目的地が片道700キロと知った時には、これが米国か!と思ったほどでした。

早朝コロラド州デンバーを出発し、ニューメキシコ州アルバカーキを目指し高速道路I-25を走り出す。信じられないほどの真っ直ぐな道のりを地平線に向かってただ延々と走っていると、信じられないほど眠くなってきます、すると自然とスピードもあがるもの…今度は信じたくないほどの赤と青のランプを点滅させた車が背後にビタッとついて路肩に車を寄せられ、信じられる範囲内の金額が書かれたチケットを時々プレゼントされた苦い思い出もあります。途中、点在する無縁墓地にお参りさせて頂く時に出会った方にお話を伺ったところ、やはり米国ではみんなが一斉に行う形でのお墓参りの習慣が無く、日本のように○○家の墓といった先祖代々の墓を守るといった考えもほとんどないそうです。基本的に個人単位で埋葬されるので祖父の墓と祖母の墓が全く別の場所だったりすることもあるそうです。その時その方に、あなたはご自身のお墓をどうされるおつもりですか?と尋ねたところ、「私は自分の墓は、すでに生前契約で購入済みで場所も押さえてありますよ」と言われ、さらに「日本のようなお墓参りの習慣は確かにありませんが、だからといってアメリカ人が薄情なわけでなく、亡くなった大切な人はいつも心にいるんです。」と熱弁されたのを聞き、私もMe too.と華麗に受け答えしたのが今では懐かしいおもいでです。

キリスト教の文化では、亡くなられた方の魂は神のもとへおもむくとの考え方から、お墓へは葬儀の時にいく程度ですし、土地が広大なこともあり頻繁にはお墓参りはしません。ただ、亡くなった大切な方々が私にとって今どういう存在で有り続けるのか?といったことでいうと国境は無いのかもしれないと感じました。様式は違えど故人を思う気持ちは世界共通。どこの世界でもどんな宗派でも、先人に感謝の念を送り続けていると考えると、もしかしたら戸惑うことも少ないのかもしれません。 ただ、日々の暮らしの中で先立つ方をどういただいていくか?これから先を生きていく私たちひとりひとりが、たえず心がけていかねばならないことでしょう。

合 掌

読みもの

教え tell me – vol.17 年末を迎えて

月日の経つのは早いもので、2017年もまもなく終わりを迎えます。ちょうど今頃、今年はどんな1年だったかなと、ゆっくり大晦日の特番を見ながら振り返る人も少なくないのではないかと思います。

さて、年末といえば「流行語大賞」があります。この1年に生まれたさまざまな流行語のなかで、特に世相を賑わせた表現なのですが、今年は「インスタ映え」「忖度」「共謀罪」「うんこ漢字ドリル」「ワンオペ育児」と候補がたくさんあり、いったいどれが選ばれるんだろうと思っていたところ…「インスタ映え」と「忖度」の2つが選ばれました。

「忖度」は、相手の気持ちをおしはかること。推察する。と国会でも使われていた言葉なので、なるほど!私も住職さんや佐藤さんに忖度しまくりだなあ!と思いましたが、「インスタ映え」と聞いたときに何のことやら?と思ったので調べてみたところ、有名人や一般人があちこち色々な所に行き写真を撮ってネット上に掲載した時に、その写真がすごく見映えがする、おしゃれに見える、つまり大勢の人たちが見た時に「それいいね!」と言ってもらえる写真のことを「インスタ映え」と言うらしいのです。

ただ、この「インスタ映え」には大きな問題がひとつあります。それは投稿者がどんな人物で、どんな生活を送り、何をしているかという人物像を作りあげることに必死になりすぎてしまうことが多々あるということです。たとえば、見た目の良い食べ物を購入し、撮影後食べずに捨ててしまう。ふたりで生活しているよう見せるため二人分の食事を注文し残してしまう、バッグや人気のグッズを購入し撮影後すぐに売ってしまう。立入禁止の場所や危険な場所で見栄えする写真を撮ろうとする。

こういった行動は、「食べ物やものを大切にする」ことへの感謝の気持ちを完全に無視した行いです。ところが、理想の自分を作りあげたい気持ちが強いあまり、こうした行動を取る人が少なくないのです。自分をよく見せたい、人気者になりたい、というのは人として当たり前の感情でもあります。たくさんの人に見てもらうためにすてきな写真を撮れば、その分「いいね!」と言ってもらえて嬉しくなるのも事実ですし、写真を撮るために旅に出ることもすばらしいことだと思います。

しかし、「いいね!」とたくさん言ってもらうことだけを自分の存在価値にしてしまっては、大切なものを見失ってしまうかもしれません。見せかけの自分にはいつか必ず限界がおとずれます。美しい自分、かっこいい自分だけでなく、自分自身の醜いところや恥ずかしいところを互いに理解し合うことで、私たちは本当の信頼を築けていくのではないでしょうか。年末を間近に控えて、思うことを述べさせていただきました。皆様良いお年をお迎えください。今年もお世話になりました。

合 掌

読みもの

教え tell me – vol.16 猛暑を迎えて

気がつけば今年も半年が終わり、あっという間に残り半分を切ることになりましたが、皆様には、いかがお過ごしでしょうか?札幌では125年ぶりの暑さが訪れ、なんということか夏の来ない北海道に夏が来てるのを肌で実感しているところです。私の実家九州も雨による被害が続き、特に九州北部では記録的な豪雨に見舞われた方が多くおられたかと思います。被害に遭われた皆様方へ心よりお見舞い申し上げます。

さて、私が九州にいた子どもの頃の話です。九州では必ずといっていいほど毎年台風や大雨が押し寄せてきますが、そのたんびに雨戸を閉め、さらに戸板を釘で打ちつけていた父の姿をよく覚えております。そこまでする必要があるの?と父に尋ねると、風で吹き飛ばされた屋根瓦が窓ガラスを突き破って入ってくるのを防ぐためだ!と言われ【風で屋根瓦が吹き飛ぶ?そんな馬鹿な!】と子どもの頃は思っていましたが、翌日かならず寺の屋根瓦が何枚か吹き飛んでいたのが現実です。一方で学校が休みになった夜、兄弟4人で停電の中ローソクつけてトランプで遊ぶことができたのも懐かしい思い出です。

また高校生頃の夏、鹿児島のバス停でバスを待っていたら、道の向こうから全然知らないおじさんがやってきて、
「大雨洪水警報でちょったやろが!バスは来んどぉ~歩いて帰れ~」と言われたときなど、【このおじさん何を言ってるんだ?大雨ぐらいでバスが来ないわけが…】と思っていたら、本当にバスは来ず、来ないどころかあれよあれよという間に水かさが増してきて、くるぶしから膝、さらに膝上まで水が来たときには後悔しても遅く、涙目でいのちからがら近所の知らない家に避難した経験が今でも鮮明に残っています。

最近では、テレビで大雨の時に車が水没した映像などを見た人が【こんな大雨の時に車で出かけなきゃ良かったのに…】と思うのが素人考えで、ところがどっこい当事者だってそんなことは百も承知していたつもりなのに、人間が思っている以上のスピードで川の水があふれてくるという経験が無い人だとそうなってしまうのです。

このような話をされた後に、北海道は台風が来ないから良いよね!なんてことを言われたことがありますが、以前の私ならともかく今の私は、【北海道は冬が醍醐味だからさ、一度北海道の一軒家で一冬過ごしてごらんよ。大汗かくから!】と言い返せるようになったのも、私がだいぶ「どさんこ」に近づいた証拠ではなかろうかと思う今日この頃です。

合 掌