トピックス

こころの寄り道 辻説法

去る7月4・5日の両日、浄土真宗本願寺派青年僧侶連絡協議会の第23回全国大会が札幌の地で開催をされました。この度は、より外へ向けた試みということで、Air-G’(FM北海道)さんのご協力を頂き、初日に札幌の地下歩行空間(クリスタルホール)にて、「こころの寄り道 辻説法」と題して、浄土宗の秋田光彦さん、臨済宗で芥川賞を受賞されました玄侑宗久さん、宗教法人正現寺住職 小池龍之介さん、浄土真宗より釈 徹宗さんをお招きして、トークショーを行いました。

一般の方々が仏教に対してどれほどの興味を持っていらっしゃるのか、そしてどれほどの期待をしてくださっているのかを知る大切なご縁であると考えておりましたが、何分、若い僧侶の会ですから財政的に苦しいところがあり、特に広報(宣伝)にあまり予算を充てることが出来なく、ひじょうに心配しておりました。がしかし、予想をはるかに超える多くの方々(約500人弱)がご来場下さり、ホッと胸をなで下ろしたことでありました。

4人の御講師から大切なヒントと勇気を頂けたことは、これからの伝道活動に必ず役立っていくことと実感した大切なご縁でございました。

翌日は会場を本願寺札幌別院に変え、パネルディスカッションを行い、より学びを深めたことでありました。ひじょうに中身の濃い二日間でありましたが、再びこの4人の御講師が一同にかえすというのは中々難しいことと思いますが、もしも続編がやれるならやってみたいと密かに企んでいます。その時はもっと宣伝しますので、よろしくお願いします。(尚、この対談は本になりますので、興味のある方はお声をかけて下さい。)

■オープニング(正信讃を合唱しました)

■会場は満杯で、熱気であふれていました

■隙間なくビッチリ席が埋まりました

■サイン会も人でごった返しでした!

■パネルディスカッション(本願寺札幌別院)

■コーディネーター役の釈 徹宗さん

■パネリストの皆さん(秋田さん・玄侑さん・小池さん)

 
トピックス

札幌組門信徒・僧侶合同研修会

去る11月25日に、今年2度目の開催となる「札幌組門信徒・僧侶合同研修会」が札幌別院にて開催されました。

今年の2月26日に第1回目が開催されましたが、100有余名のご参加をいただき、賑やかな中に開催されました。その時のテーマは「あなたにとってお寺とは・・・」であり、ご自分のお寺のことや、ご自分がどうしてお寺とご縁が出来たかなど、ご自分の経験を通して、皆さん語り合い、ひじょうに盛り上がりました。この度の2回目のテーマも「あなたにとってお寺とは・・・Part2」ということで、参加者の皆さん、時間が足りなくなるくらい、語り合われておりました。

この度のご講師には、第1回目に引き続き、神戸の谷川弘顕先生にご出向いただきました。軽快な切り口で、大切なことをやさしく、そして身近なお話しを通して気づかせていただいたと、参加者の皆様が口を揃えて仰っていたのが、印象的でありました。

今後も是非ともお願いしたいと思うことでございます。

当寺からの参加者は第1回目が24名、第2回目が6名参加をさせていただきました。

(住職記)


御講師 谷川 弘顕 師
トピックス

北藤会結成40周年記念事業 青木新門氏講演会

 

さる4月26日、本願寺札幌別院に於いて、あの映画「おくりびと」の原作案となりました「納棺夫日記」の著者である青木新門氏にお出で頂き、講演会を開催させて頂きました。そもそも北藤会とはどのような会かと申しますと、我々の父親達の青年時代に、札幌、空知、胆振方面の若い僧侶の親睦と研鑽を深める為に結成された集まりであり、その後、上川地方、日高地方を加えた会となり、おかげで我々の世代は、自然のうちに仲良く和合の精神を持って、良い関係を築かせて頂いております。その結成40周年記念事業に際し、実行委員長という立場で、今回の講演会を企画させて頂きました。

ご存じの通り、映画「おくりびと」は、日本の映画界の賞を総なめにし、アカデミー賞まで獲得してしまいました。アカデミー賞が決定した時は、まさに青木先生にご依頼するのが会議で決まっていた時であり、お願いできるかどうかも微妙な状態ではありましたが、快くお引き受け下さり、この度の運びとなりました。当寺の門徒の皆様も大変多くご参加下さり、大変意義深いご縁になったことと思います。

特に青木先生は富山県の門徒であり、北海道は大変多く、富山県から我々の先人方が開墾されて築かれた土地でありますから、非常に親しくお話しを頂戴したことでありました。またご縁があれば来札頂いて、お話しを頂戴できたらと、ひそかに考えております。まずは皆さん、「納棺夫日記」を読んでみて下さい。きっと目が開きますよ・・・。

(住職記)

浄土真宗

札幌正信会結成50周年記念法要・祝賀会

札幌の若いお寺さんの親睦と研鑽を深めるために結成された札幌正信会が50年という大きな節目をお迎えさせて頂きました。私の父は当会の創立メンバーでありますが、この会のおかげで我々札幌近郊の若いお寺さん達は仲良くお付き合いをさせて頂いてるといって過言ではないと思います。京都での研鑽を終え、札幌に戻り、まずこの会に入会をしていろんなことが分かってくる。それが正信会であります。私も良いことも悪い?こともずいぶんと勉強?させていただきました。

この度、結成50周年記念法要並びに会員物故者追悼法要を札幌別院でお勤めをし、場所をホテルに移し、記念祝賀会をOB会員の皆様や有縁の皆様のご臨席を賜り、盛会のうちに開催させて頂きました。これからも毎年、門信徒の皆様方へお配りをしている「法語カレンダー」の作製や、わかりやすい伝道方法の模索をしながら、互いに研鑽を深めて行きたいと思うことでございます。

合 掌 (住職記)

札幌別院にてご法要

法要の前にリラックスしているメンバー

50周年記念記念法要・会員物故者追悼法要

実行委員長 石堂了正 師(眞願寺)のご挨拶

沢山のご臨席を頂きました