法要

秋季永代読経会 平成25年11月28~30日

11月28・29・30日の三日間、「秋季永代読経会」をお勤めさせていただきました。今年は初日に雪が積もってしまい、参詣の人数が心配でしたが、雪に負けずに門信徒の皆さん、三日間足を運んでくださいました。

そもそもこの永代経法要には、平成14年に往生された私の祖父(母の父)赤平常照寺開基住職 佐々木重誓師(祖父)に毎年ご出向いただ いておりました。祖父がご往生されてからは三人のご子息がその跡をとってくださっております。

今年は初日に、篠路浄土寺 佐々木光明師(三男)二日目に赤平常照寺 佐々木重昭師(長男)、最終日に上幌向隆王寺 家郷宗隆師(次男)の順番でご法話を頂戴いたしました。三人それぞれに、身近なお話しから浄土真宗の永代経法要のいただき方をやさしくおとりつぎ下さいました。

三日間、お三方の御法話を聴聞させていただきましたが、今年ほど、兄弟なのにこんなに表現方法やいろいろなものへの感じ方って違うんだなぁと感じたことはありませんでした。

昔から三人のことをよく知って下さっているご門徒の方々も大変多くいらっしゃっており、ひじょうに和やかな中で三日間過ごさせていただいたことでございました。

初日(11月28日)

法要

たくさんの参詣でした

佐々木光明師

 

2日目(11月29日)

法要

たくさんの参詣でした

佐々木重昭師

 

3日目(11月30日)別志永代経開闢法要

最終日の30日には、今年度別志永代経志納者を対象とした開闢法要を併修させていただきました。大切な人とのつらい別れの縁を通して、永代にわたり、お念仏の教えが相続され、安楽寺が念仏の道場として栄えるようにと志しをお納めいただいた皆さんと共にお勤めさせていただきました。

別志永代経開闢法要を併修いたしました

家郷 宗隆師

最終日には繞鉢(にょうはち)を使用いたしました 繞(佐藤さん)・鉢(暉峻くん)

会中、熱心に御聴聞される門信徒の皆さんの姿がとても印象的でした。

 

ゼリー・お菓子、名物となりました栗と銀杏のお供え

集まったお米 御仏供米として大切にいただきます

永代経とは

本来は永代読経の意味で、寺院において故人の命日などに永代にまで読経することである。一般の寺院では春秋に期日を定めて永代経法要を行う。他宗では追善供養の為とされるが、浄土真宗では追慕とともに、自分自身がお法りを聞く機会として意味づけられている。

トピックス

春季彼岸永代読経会 3月20~23日

今年も春のお彼岸法要、4日間にわたって多くのご参詣のもとにお勤めさせていただきました。今年はお中日に「東日本大震災三回忌法要」を併修させていただきました。

その他に会中、昨年に引き続き、義援募金箱を設置し多くの皆様から温かいお心をお分けいただきました。又、ガタタン汁やおにぎりの販売を婦人会の皆様のお手伝いをいただきながら開催し、その売上を震災の義援金とさせていただきました。

他にも東日本大震災の写真展、昨年大変ご好評いただきました、「あみだ堂仏具店」による「出前即売会」、そして能呂慎太郎(副社長)氏による「仏壇のおかざり勉強会」を開催させていただきました。写真で詳しく当日の模様を掲載致しましたのでどうぞご覧下さい。

このご縁の布教使様には毎年、 藤 順生先生(増毛 西暁寺)に御出向いただいております。先生におかれましては、毎年、大変お忙しいところお越しいただき、浄土真宗の肝要なるところを大変分かりやすくおとりつぎ下さり、門信徒の皆様方、大変よろこばれております。これからもどうかお身体ご自愛いただき、私達に大切なことをやさしく紐解いていただきたいと念願することでございます。

(住職記)

まずはご飯炊きからです

具材の用意も出来ました

出来上がったおにぎりです

東日本大震災写真展

ご用意下さった仏壇

念珠もお安くして下さいました

ご夫婦で仲良くおまいりいただきました
橋本さん御夫妻

ご夫婦で仲良くおまいりいただきました
河村さん御夫妻

ご夫婦で仲良くおまいりいただきました
高田さん御夫妻

こどもたちもおいしくいただきました!

能呂くんのご家族です

あみだ堂仏具店の能呂くん

質問に答える能呂くん

仏壇お飾り説明会

熱心に聞き入る参加者

お中日(東日本大震災三回忌法要併修)

東日本大震災三回忌法要 総代焼香

布教使 藤 順生先生

4日間たくさんの御参詣を賜りました

イスが足りなくなり、急遽ご用意くださる世話人さん

総代長山根さんのご挨拶

熱心に御法話に聞き入る門徒さん

黄色の折り鶴が入ったストラップです
被災された方々の雇用を生むために始まったプロジェクトです

布教使さんのお話しを楽しくいただく門徒さん

今年もたくさん集まった御仏供米
法要の度ごとに大切に頂戴致します

今年も販売を手伝ってくれた浦本くんと粟井ゆいちゃんです
いつも有難うございます!

初日におにぎりを頬張る暉峻くん
二日目以降は風邪でダウンしました・・・
身体弱いねテル・・・

二日目は一人でお勤め致しました
寂しかったです・・・

ガタタン汁とおにぎり 
また是非食べてみたいと、好評でした!

 
法要

秋季永代読経会 平成24年11月28~30日

11月28・29・30日の三日間、「秋季永代読経会」をお勤めさせていただきました。毎年、布教使に住職の叔父三人にご出向いただいております。今年は初日に赤平常照寺 佐々木重昭師(長男)、二日目に篠路浄土寺 佐々木光明師(三男)、最終日に上幌向隆王寺 家郷宗隆師(次男)の順番でご法話を頂戴いたしました。三人それぞれに、身近なお話しから浄土真宗の永代経の頂き方をやさしくお紐解き下さいました。

そもそもこの永代経には、平成14年に往生された三人の父である赤平常照寺開基住職 佐々木重誓師(祖父)に毎年ご出向いただいておりましたが、ご往生されてからは三人のご子息が跡をとってくださっております。やがてこのお三方のご子息方(従姉妹)が来てくれるようになるかもしれませんね。

三人の叔父共に、当寺の古い門徒さんは、こどもの頃からよく知って下さっている方も多くいらっしゃることから、とても温かな眼差しで、おとりつぎをされる姿を見つめておられたのが印象的でした。三日間有難うございました。。


佐々木重昭師

佐々木光明師

家郷 宗隆師

熱心に御聴聞される姿が印象的でした

会中、たくさんの御参詣を賜りました

中央教修を終了し門徒推進員となられた竹内さん・金子さん・櫻井さんに委嘱状を伝達させていただきました(写真は櫻井さん)

秋季永代読経会 荘厳

もう名物となりました栗と銀杏のお供え

別志永代経開闢法要

最終日の30日には、今年度別志永代経志納者を対象とした開闢法要を併修させていただきました。大切な人とのつらい別れの縁を通して、永代にわたり、お念仏の教えが相続され、安楽寺が念仏の道場として栄えるようにと志しをお納めいただいた皆さんと共にお勤めさせていただきました。

 

永代経とは

本来は永代読経の意味で、寺院において故人の命日などに永代にまで読経することである。一般の寺院では春秋に期日を定めて永代経法要を行う。他宗では追善供養の為とされるが、浄土真宗では追慕とともに、自分自身が法を聞く機会として意味づけられている。

トピックス

春季彼岸永代読経会

今年も春のお彼岸、4日間にわたって多くのご参詣のもとにお勤めさせていただきました。今年は特に、お中日に「東日本大震災一周忌法要」を併修させていただきました。

その他に会中、義援募金箱を設置し多くの皆様から温かいお心をお分けいただきました。又、ガタタン汁やおにぎりを販売し、その売上を震災の義援金とさせていただいたり、「あみだ堂仏具店」のご協力を頂いて、展示即売会や仏壇の勉強会を開催致しました。

最終日には、お寺で毎週木曜日の夜7時から開催している「健康ヨガ教室」の体験教室も開催し、ひじょうに内容の濃い4日間でありました。詳しくは写真でご確認下さい。

このご縁の布教使様 藤 順生先生(増毛 西暁寺)におかれましては、毎年、大変お忙しいところ、時間を割いて御出向いただいております。浄土真宗の根本をやさしくお紐解き下さり、門信徒の皆様に大切なことをお伝え下さっております。

■東日本大震災一周忌法要 総代焼香

■販売を手伝ってくれた浦本くんと粟井ゆいちゃんです いつも有難うございます!

■皆さん おいしそうにガタタン汁とおにぎりを食べていらっしゃいました!

■あみだ堂仏具店の展示即売会 混雑してました!

■仏壇の勉強会

■いつもお世話になっております、あみだ堂の能呂くんです(社長の息子さん)
今回、一生懸命勉強してくれ、バッチリ準備してくれていました!有難うございます!

■皆さんメモを取りながら真剣にお話しを聞いてくれました

 

■布教使 藤 順生先生

■4日間たくさんのご参詣をいただきました

 

■お預かりしたお米やご懇志を頂いた方々のお名前を世話人さんが記帳し、張り出して下さいます

■今年もたくさん集まった御仏供米

■最終日に行われた体験ヨガ教室
(毎週木曜日午後7時から開講しております まずは体験してみませんか?)

■渡辺尉三子 先生

 
法要

秋季彼岸永代読経会 平成23年11月28~30日

去る11月28日~30日の日程で秋季彼岸永代読経会を3日間お勤めさせていただきました。もうご存じの通り、坊守の弟(私の叔父)3人に3日間にわたって御法話を頂戴致しました。3日間で3人の布教使さんですから、実に贅沢な話しです。

初日が3男の篠路浄土寺住職 佐々木光明師、2日目が次男の上幌向隆王寺住職 家郷宗隆師、最終日が長男の赤平常照寺住職 佐々木重昭師にご出向いただき、おとりつぎいただき、参詣者一同、深いうなずきの中に大切なことに気づかされたことでありました。

それぞれ三者三様の個性をもってお紐解きいただきましたが、初日に3男の叔父が、「だんだんおはなしがうまくなっていきますから」と謙遜しながら兄等にプレッシャーをかけ、参詣者一同、爆笑されていたのが印象的でした・・・。

最終日には、今年度の永代経開闢法要をお勤めし、七家の方々がそのご縁に遇われました。浄土真宗の門徒として気持ちを新たにされたことと思います。これからもどうか亡き人をご縁にお念仏の教えを中心とした日暮らしを送られますことを念願することであります。

永代経のお荘厳 浄土三部経をお勤めしました

佐々木光明師

家郷宗隆師

佐々木重昭師

永代経開闢法要
熱心に御聴聞される参詣者 もうおなじみの栗と銀杏のお供え
たくさんの御仏供米 大切にいただきます 最終日は吹雪になりました

永代経開闢法要で御焼香される御志納いただいたみなさん

トピックス

春季彼岸永代読経会

今年も春のお彼岸、多くのご参詣のもとに4日間お勤めさせていただきました。このご縁の布教使様 藤 順生先生(増毛 西暁寺)におかれましては、大変お忙しい中、毎年ご出向いただき、浄土真宗の根本をやさしくおとりつぎいただいていることであります。今年は会中、3月11日におこった未曾有の大震災に対して、婦人会の方々が手作りで式章入れや小物、アクセサリーをご用意して下さり、それを販売しその売上の全て被災地へ送ることとし、また義援募金箱を用意し、ご参詣いただいた皆様のお心をお分けいただきました。後日まとめて被災地へお送りさせていただきます。有り難うございました。(右写真:藤 順生先生)

4日間たくさんのご参詣をいただきました

婦人会の手作り式章入れ、小物、アクセサリー販売

熱心に聞き入る参詣者

義援募金箱

お手伝い頂いた世話人さん達

合掌する参詣者

集まった御仏供米(おぶくまい)

 
法要

秋季永代読経会(今年度別志永代経開闢法要) 平成22年9月28~30日

今年も例年通り9月28日~30日の日程で秋季永代読経会をお勤めさせて頂きました。最終日(30日)には今年度の別志永代経志納者を対象とした永代経開闢法要を併修させて頂きました。

布教使には伯父であります、篠路 浄土寺住職 佐々木光明師(28日)、上幌向 隆王寺住職 家郷宗隆師(29日)、赤平 常照寺住職 佐々木重昭師(30日)にご出向頂き、3日間お勤めさせて頂きました。

永代経は亡き人をご縁としてという意味合いが強いご法要でありますことから、この近年で大切な方を亡くされた方が大変多くご参詣されておりました。この3日間の中で、大切なこと、ご確認出来たことと思うことでございます。

ある門徒の方が仰って下さいました。「3日間で3人の布教使さんのお話しが聞けるなんて、何とも贅沢な話しだ。これからも続けて下さい。」考えてみますと、伯父は3人兄弟でそれぞれの個性を生かしてお取り次ぎを頂いております。伯父方が子供の頃からよく知って下さっている門徒の方も多くいらっしゃいます。きっと温かい眼差しでお育て頂いたのでしょうね。

3日間の模様を写真で振り替えられるように致しました。ご覧下さい。

(住職記)

この度、住職の結婚記念と婦人会再結成50周年を記念して、総代の持本さん、婦人会の粟井さん、恵木さんで「経切り太鼓」をご寄進下さいました。大切に使わせて頂きます。

さっそく初打ちさせて頂きました。今後は大きな法要はもちろんのこと、ご法事等でご依頼があれば、お勤めの中で叩かせて頂きます。

佐々木光明 師(浄土寺住職)

家郷宗隆 師(隆王寺住職)

佐々木重昭 師(常照寺住職)

熱心にお話しを頂く皆さん

3日間、大変多くのご参詣を賜りました 有り難うございました

 

3日間、小規模製作所の皆さんにお越し頂いて、展示即売会を開催致しました。

 

大変盛況でありました。また来年も開催したいと考えておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

法要アラカルト

ご兄弟でお詣り頂きました宮川さん

秋の名物になりつつあります栗と銀杏のお飾り

普段見えないところシリーズさてどこでしょう??

正解は内陣の天井です。光があるところはステンドグラスで出来ています

正解は鬼面卓の足です。まさに鬼面がそこにいるんですね~

今年も沢山の御仏供米(おぶくまい)が上がりました。大切に頂きます。

 

今年度別志永代経開闢法要

志納者ご芳名を読み上げる住職

永代経開闢法要のお荘厳

志納者御焼香

 

 

 

 

 

別納永代経は、ご往生された方をご縁とし、「いつまでもお念仏のみ教えがこの安楽寺よりとだえないように」との志(こころざし)より納められるものであります。志納金は仏具等の修繕をはじめ、伝道や護寺発展の為に使わせて頂いております。葬儀終了後やお彼岸、永代経の行事に併せてお預かりすることが多ございます。