法要

春季彼岸永代読経会 平成31年3月21日②

法要第一日目はたくさんのご参詣の皆様と共に「仏説無量寿経」をお勤め致しました。

この春から法務員としてご勤務いただいております藤岡融也師(佐賀県 真覚寺)よりご挨拶をいただきました。

皆さん真剣にご聴聞されておりました。

布教使 増毛 西暁寺住職 藤 順生 師

 春彼岸初日、藤先生から、高座説教をいただきました。
 昨年からこの初日に高座説教をいただくお約束をしておりました。
 昔々はどこのお寺でもこの高座を用意し、お説教をいただいたとお聞かせ頂いておりましたが、いざ実際に高座でのお説教をいただくと、何かしら身の引き締まるような思いでありました。この高座でお説教する姿が、いまの落語に繋がっていったのです。
 門信徒の皆様のご様子を窺うと、先生のご法話を聞き漏らさぬようにという真剣な眼差しと空気感を感じました。大変有り難いご縁でしたね。

ただ、高座から降りるのが大変そうでした。総代さん二人が手伝ってくれていましたね。

お彼岸初日は参詣者が一番多いので、帳場(受付)の皆様も大変そうでした。有難うございます!

 夕刻より、落語家の「桂 三段」さんをお招きして「おてらくご」VOL3が門信徒の皆様と地域の方々も含めて開催されました。
 今年は社会問題となっている「振り込め詐欺」の啓発になればと考え、三段さんの持ちネタの「振り込め詐欺」という演目をお願い致しました。おもしろおかしく、気をつけなければならない大事なことを伝えてくれましたよ!他にも古典落語から「時そば」など、落語の真髄の演目もご披露下さいました。
 夕刻から激しい雨となり、心配しておりましたが、たくさんの方々がお忙しい時間にもかかわらずお越し下さいました。

三度目のご縁をいただきました桂 三段さん

創作落語「振り込め詐欺」をご披露下さいました!

スタートから笑いが止まりませんでした!

創作落語でお母さん役を演じる三段さん

本堂内は笑いの渦に巻き込まれました! あらためて「笑うこと」って大事だなあと感じました!

雨にも負ケズ たくさんのご来院をいただきました

受付でお手伝いをいただきました中野さんと樋口さん有難うございました!

二席目も笑いが止まりませんでしたね! 笑いすぎで泣いてる方もいらっしゃいました!

 お説教も落語も二席行うんです。やはりお説教から落語へと進化していったのですね。二席目にお着物を召し替えて下さいました。紺色のお着物がとってもお似合いでした。後席は「古典落語」をご披露下さいましたよ!
 終了後は、お客様をお見送りして、おひとりお一人と固い握手を交わしておられました。来年も春のお彼岸の中日に開催予定です。楽しみにしていてくださいネ。

おしらせ

春のお彼岸のご案内 平成31年3月21日~24日

横超山安楽寺 春季彼岸永代読経会

 今年も春のお彼岸のご法要をお迎えさせていただく時節となりました。浄土真宗でいただく「お彼岸」は「この私が仏法を聞かせて戴くご縁、大切なことに気づかせて戴くご縁に遇わせていただいた」という感謝のお気持ちを持って過ごす大切な仏教週間であります。昔の人達は西に沈んでいく太陽を西方極楽浄土と呼び、この一年間で一番太陽が高い位置にある時期に、このご縁を大切にいただかれたのでした。この度特に、初めて大切な方とのお別れのご縁をいただかれた皆様には、これからお迎えをするお盆や秋季彼岸会、その他のご法要も、大切なご縁として受け止められ、亡き人を通して大切なことに出遇って行く時間として戴きたいと心から念願することであります。たくさんのご参詣をお待ちしております。道中お気をつけてお越し下さい。

合掌

布教使 増毛西暁寺住職 藤順生師

先生は身近なお話しを通して、分かりやすく浄土真宗の真髄を明確にご解説くださいます。又今年は中日に「高座説教」を頂戴致します。門徒となられ日が浅い方々には大変良いご縁となると思います。是非とも聴聞に足を運んでください!

日程
3月21日(木)午後1時より勤行「仏説無量寿経」
3月22日(金)午後1時より勤行「仏説観無量寿経」
3月23日(土)午後1時より勤行「仏説阿弥陀経」
3月24日(日)午後1時より勤行「正信念仏偈」
御仏供米
御仏供米(おぶくまい)袋は、当寺では古来より、春のお彼岸・秋の永代経の際に、仏様のお仏飯として、ご門徒の方々からお寄せ戴くお米をお供えしています。そのお米を入れる袋のことであります。他にも毎月16日の親鸞聖人命日講(めいにちこう)や年間の各御法要のお斉(おとき・食事)の際に、持ち寄って戴いたお米を、おまいり戴いた皆さんと頂戴しております。
志納袋
志納袋(しのうぶくろ)は、志しをお寄せ戴くために同封させて戴きました。初めての方は驚かれたことと思いますが、古来より諸行事の際に、ご門徒の方々からお寄せ戴いた志しによって、その法要の際の、仏様のお供えやお華、蝋燭、お香といったもの、又、法要の休憩時間にお出し戴く茶菓に使わせて戴いております。つまり浄土真宗の法要はみなさんのお心、みなさんのお気持ちで創り上げるものなのです。温かいご協力をどうぞ宜しくお願い致します。

仏壇・仏具・京雑貨展示即売会&相談会&説明会

あみだ堂 春季彼岸永代読経会特別企画!!

日時
3月21日(木)22日(金)日の二日間開催!
時間
午前11時より午後5時まで
会場
安楽寺1階ホール
展示販売品内容
京雑貨・仏壇(金仏壇・家具調仏壇)・仏器・花瓶・火舎香炉・三具足・供花・輪灯・おりん・お磨き剤・打敷・灯籠・線香・ローソク・経卓・経卓マット・御香・香炭・焼香箱・念珠・座布団・他
【特典】
※全品 安楽寺春季彼岸会特別価格でご提供いたします!
※商品内容は在庫の関係で変わる事もございます。予めご了承下さい。
特別説明会
(21日)《仏壇まわりの防火対策について》
(22日)《浄土真宗本願寺派のお内仏とは》
説明者
あみだ堂社長 能呂慎太郎氏

いずれも、お昼12時からの約45分間開催致します!

ガタタン汁とガタタンラーメンの販売

これも好評いただいております芦別名物「ガタタン汁(200円)」と「ガタタンラーメン(300円)」の販売を致します。今年から美唄名物「とりめし(300円)」も販売致します。北海道の郷土料理を仏教婦人会の皆様が美味しくお作りくださいますので是非ともご賞味下さい。売上は、度重なる自然災害の義損金として、本願寺のたすけあい基金へお送り致したいと考えております。是非御協力ください。
午前11:30~12:40頃までです!

3月23日(土)映画「リトル・ブッダ」上映会

昨年、一昨年と手塚治虫さんの「ブッダ」を上映しました。今年は、キアヌ・リーブス出演、巨匠ベルナルド・ベルトルッチ監督が輪廻転生をテーマに描いたエピック・ロマン大作「リトル・ブッダ」を上映します。シアトルに住む9歳の少年ジェシーの前に、ある日突然4人のラマ僧が現れる。彼らはジェシーがブッダの魂を受け継いだ高僧、ラマ・ドルジェの生まれ変わりであると告げる・・・。今年も映画を通して仏教について学びましょう!
日時は3月23日(土)午前9時30分集合です。会場は安楽寺1階ホールにて開催します!
尚、今年も「BostonBake」さんのパンを300円で販売致します。昼食にどうですか?お飲み物(コーヒー・ホットミルク・お茶など)もご用意してあります。沢山のご参加をお待ちしております!!

おてらくご Vol.3 桂 三段 落語会

この度、3度目のご縁となります落語会、春のお彼岸のお中日に開催します!
桂 三段(かつら さんだん)さんをお招きして、お寺でする落語会「おてらくご Vol.3」。お友達を誘って是非とも足を運んでください!今年は、新聞に掲載されていたあの創作落語「振り込め詐欺!」を演目として予定しております。詳しくは下記の通りです。沢山のご来場をお待ちしております!

とき
平成31年3月21日(木)春分の日 午後4時開場・午後4時30分開演(午後6時終了予定)
ところ
安楽寺本堂(2階 エレベーターあります)
演 目
古典落語1席
創作落語「振り込め詐欺!」
入場料
1,000円(チケットレス・ワンドリンク付き)
桂 三段(かつら さんだん)プロフィール
北海道帯広市出身。2005年6月13日、六代目 桂 文枝 に入門。落語家となる。上方落語協会では唯一の北海道出身者でもある。趣味は映画鑑賞、スポーツ、カレーの食べ歩き、一人暮らしの超簡単レシピなど。歯科技工士の資格を持つ。
桂三段さんのツイッター

お問い合わせ

安楽寺 札幌市厚別区厚別中央3条3丁目5-5
TEL011-891-2903(住職あて)

追記:当日のようす

法要

春季彼岸永代読経会② 平成30年3月21日・22日

ご法要(第一日目)

法要第一日目は門信徒の皆様と共に「仏説阿弥陀経」をお勤め致しました

初日から大勢のご参詣を賜りました

法要終了後、四月から一年生になる娘が
ご挨拶をさせていただきました。
今後もどうぞ宜しくお願いします

布教使 増毛 西暁寺住職 藤 順生 師

春彼岸初日、門信徒の皆様のご様子を窺うと、先生のご法話を聞き漏らさぬようという真剣な眼差しと空気感を感じました。大変有り難いお姿でしたよ!
夕刻より、落語家の「桂 三段」さんをお招きして「おてらくご」VOL2が門信徒の皆様と地域の方々も含めて開催されました。以前よりお寺を今まで以上に地域にひらいて行きたいという思いから、開催に至りました。
一度ご法要をお開きとしたので、どれくらいの方が足を運んで下さるか心配でしたが、夕刻のお忙しい時間にもかかわらず、約90名の方々がお越し下さいました。

二度目のご縁をいただきました桂 三段さん

創作落語でお魚になりきる三段さん

この度は二席のご縁をいただきました。後席の「創作落語」は活きづくりを食べさせてくれるお店の、生け簀(いけす)の中のお魚のやりとりがおかしくて、おかしくて、お腹を抱えながら笑っている方々がたくさんいらっしゃいました。
来年もこの春のお彼岸の中日に開催予定です。楽しみにしていてくださいネ。

ご法要(第二日目)

春のお彼岸二日目もあみだ堂仏具店の展示即売会、そして社長の能呂氏による「仏壇のおかざり説明会」が開催されました。はじめてお話を聞かれるご門徒さんもたくさんいらっしゃって、興味深く耳を傾けられておりました。

あみだ堂仏具店
取締役能呂慎太郎氏

同じく二日目に、東日本大震災、そして熊本地震復興支援の一環として、ガタタン汁、ガタタンラーメンに加え、新メニューとしてあの美唄で有名な「とりめし」を、事前に現地学習、そして講習を開き、レシピを学んで、婦人会の皆様を中心に有志の皆様方のお手伝いをいただきながらお作りし販売致しました。

ガタタン汁

とりめし

ガタタンラーメン

二日目のご法要は皆様と共に「仏説無量寿経」を拝読致しました。難しいお勤めも皆さん大きな声でがんばってついてお読みくださいました。
ご法話では、藤先生のユーモラスな表現に、みなさん笑いが止まらなかったようです。笑いの中に大切なことをお伝え下さいました。

トピックス

桂三段さん落語会 平成28年9月17日

去る9月17日、お寺の向かいの「とーくる」さんという食堂と共催で、「とーくる寄席/おてらくご」を開催いたしました。

以前より落語会の開催を計画しておりましたが、お向かいの「とーくる」さんから今回のお話をいただき、一緒にやりましょうかということで共催と相成ったことでございました。

お越しいただきました噺家さんは「桂 三段」さんという方で、数年前まで島根県に居住する「町おこし芸人」さんとしてご活躍されておりました。もともとは帯広出身の方で、昨年北海道に活動拠点を移され、「とーくる」さんとは二度目のご縁であったようです。

当日私(住職)は残念ながら不在で、総代長の山根さんにご挨拶等々お願いし、万事まじなくお勤め下さいました。有難うございます!

落語はもちろんのこと、「とーくる」さんご自慢の「身体に優しいお弁当」を皆さんで堪能し、交流会では「南京玉簾」をご披露下さり、大変盛り上がったそうです。

また、このような催しを開催しますので、今度の機会、是非皆さんもお立ち寄り下さいね。

(住職記)

ご挨拶する山根総代長

交流会で美味しいお弁当をいただきました(三段さんもご一緒にいただいたようですね)

「南京玉簾」をご披露してくださいました