毎月16日は親鸞聖人の御命日です。当寺では古くからこの日を「命日講」と名付けて、親鸞聖人の御命日に、門信徒みんなで集まって、しんらん様のみ教えをお聞かせいただこうという講(あつまり)がございます。この日は特に、古くからの当番の方々が集まって、おとき(食事)をお作りいただきます。なるべく毎月精進料理に近いものをご用意いただいております。
 近年は、「あんらく講座」と題して、住職が講師を勤めてジャンルにとらわれない講座を開座し、プロジェクター、スクリーンを使用しながら分かりやすく浄土真宗の大切なところやマナー的なお話しを解説いただいております。単発の受講でも安心してご参加できますので、是非とも一度、受講されますことをおすすめいたします。

プログラム
正午  おとき(食事) 1階ホール
午後1時  おつとめ(正信念仏偈 和讃六首引き) 2階本堂
午後2時  あんらく講座 2階本堂
午後3時半 終了(予定)
持ち物
式章・念珠・経本・筆記用具