昭和62年8月10日、当時の総代、山下喜光氏、上野正雄氏、恵木忠雄氏、立山一雄氏、小檜山富男氏、世話人の山口利衛氏の寄進により株式会社北晃園によって作庭されました。
毎年9月の宗祖親鸞聖人報恩講の際には、このお庭で呈茶接待が行われます。
お天気の良い日は、このお庭で門徒の方々が語らい、憩いの空間となっております。