読みもの

「やすらぎ」45号発刊にあたり

慈光照護の下、門信徒の皆様におかれましてはご清祥にてお過ごしのこと大慶に存じ上げます。又、日頃より当寺護寺発展の為に並々ならぬご尽力を頂いておりますこと、重ねて御礼申し上げます。

寺報「やすらぎ」第45号を門信徒の皆様のお手元へお送りさせて頂きました。今年の夏からの出来事を中心に、この度も写真を多く掲載し、この半年を振り替えられるように致しました。どうぞご高覧下さい。

さて、今年を表す漢字、毎年12月12日に京都の清水寺で発表されますが、今年ははじめて自分の予想が当たりました。

「災」という字になりましたね。文字通り今年は災害の大変多い年でありました。大阪北部地震、西日本豪雨水害、次々と上陸する台風、そして我が北海道を襲った胆振東部地震、本当に災害の多発した年となりました。被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。  後述しておりますが、当寺も地震の被害を受け、修復等今後のことについては総代会を中心に方向性が決まっていくと思いますが、如何せん冬を迎えてしまいました。いずれにしても雪解けしてから修復工事等掛かっていくものと考えています。幸いに地震保険にご加入いただいておりましたので、当然修理見積もりの満額とはいきませんが、いくらか保障があるようなので、優先順位を決めて修復工事に掛かることと思います。ご門徒の皆様には大変ご心配をお掛けしておりますが、今申し上げたような流れで進んでいくことと思います。

また、お見舞いも沢山お預かり致しました。この場をお借りし御礼申し上げます。有難うございました。

光陰矢のごとしと申しますが、今年もあっという間に終わりを告げようとしております。特に「平成」という激動の時代が幕を閉じようとしております。しっかりとこの一年を振り返りながら、来る年、新たな念仏生活のスタートを共々にきり、この一度きりの人生、大切に大切に歩んでいきましょう。

合掌


今年最後のお勤め「除夜会」が12月31日午後5時より本堂でお勤まりになります。12月28~1月5日の月命日まいりはお休みさせていただいておりますので、是非ともこの間の月忌詣りをされているご門徒さんはお詣りいただきたいと思います。また、元旦(1月1日)は午前8時より「元旦会」をお勤め致します。引き続き納骨堂にてお勤めをし、法要終了後、1階ホールにて大千本引き大会を開催致します。たくさんの豪華景品をご用意させていただいておりますので、午前8時からですが、がんばって早起きをして御参詣下さい!遅刻しても大丈夫です!沢山のご参詣をお待ちしております!!

トピックス

札幌組重点プロジェクト「被災者が本当に伝えたいこと」 平成30年10月18日

 去る10月18日、札幌パークホテルに於いて、札幌組重点プロジェクト「被災者が本当に伝えたいこと」と題し、昨年に引き続き、札幌組実践運動委員会社会部並びに研修部の併催にて執り行われました。
 この度も研修会の御講師には、東北教区相馬組副組長 常福寺住職 廣畑恵順師にご出向いただき、昨年より詳しく、地震後余波で発生した原発事故当時の避難の様子や、現在の生活などを中心にお話しいただきました。
 特に、今現在も続いている東京電力との賠償について、他では絶対に聞けない様なお話しをお聞かせいただき、決して人ごとではないということをあらためて感じたことでございました。
 今年も札幌組を代表して組長から義捐金を相馬組様へお送りさせていただきました。まだまだ大変な時間が続くと思いますが、今後も支援を続けさせていただくことをお誓いし閉会となりました。

 

写真左:相馬組 常福寺住職 廣畑 恵順 師と札幌組組長 石堂了正 師

トピックス

本願寺札幌別院報恩講参拝 平成30年10月15日

 去る10月15日、当寺女声合唱団シャンティが本願寺札幌別院報恩講に参拝し、「宗祖讃仰作法 音楽法要」の賛助としてお勤めさせていただきました。
 当日は本堂は満堂で大変多くの参詣者でありました。もう何度もお手伝いさせていただいておりますので、緊張はなかったと思いますが、大変厳かな中にご法要がお勤まりになりました。

 

写真左:シャンティのメンバーで記念撮影

 札幌別院の大逮夜法要で親鸞聖人にお供えする小豆入りの大仏飯とご満座にお供えする赤飯の大仏飯大きいでしょう? ちなみにモデルは上段左が福住寺さんの若さんの長尾光雲君、上段右が石狩信教寺住職の石田えり子さん、そして下はダチョウ倶楽部のリーダーではなく、教務所の暉峻康信くんです。うちの暉峻君の従兄弟になります。

 

トピックス

胆振東部地震についてのお願い 平成30年9月6日

 去る9月6日に発生した胆振東部地震によって、浄土真宗本願寺派では、特に胆振地方の御寺院様が大変な被害を受けられました。私の従兄弟のお寺、安立寺さんも大変大きな被害を受けられています。中には全壊指定を受けられた御寺院もございます。
 北海道教区胆振祖では支援義援金を受け付けています。これは直接被害のあった御寺院様に届く口座でありますので、是非ともご協力をお願い致します。

先般11月6日に本願寺専如ご門主様が胆振組へお見舞いの為にご来道下さいました。

 

◆口座番号 苫小牧信用金庫 本店 1090253
◆口座名 浄土真宗本願寺派胆振組 特別会計 組長 朝倉瑞昌
※必ずお名前の後に、(札幌組安楽寺門徒)とご記入下さい。お名前だけですとその後の確認が難しくなりますのでお願い致します。

法要

宗祖親鸞聖人報恩講 ④満日中法要・院号伝達式・他 平成30年9月7日

 初日は台風、中日は大地震に襲われた今年の報恩講。なんとかなんとかご満座のお勤めを迎えさせていただきました。本当に大変な中、ご法中の皆様、そして多くのご門徒の皆様と共に、満日中のご法要を当寺住職御導師のもとお勤めさせていただきました。

ご満座〈満日中法要〉

ご満座法要司会 中野 睦雄氏(仏教壮年会)

皆様と「宗祖讃仰作法」をお勤め致しました

満日中法要(ご満座法要)

  

ご隣山 智徳寺様・大行寺様御焼香

法要終了後、布教使様・御法中の皆様に御礼を申し上げました

  

 娘の寧々もこの三日間こわい思いをしながら頑張ってくれました! 最後もこんな事態だから普通の格好で母の隣でお詣りしていいよというと、「それはなんか違うと思う」と言って、衣をつけ係を勤めてくれました。後日余震が続き、眠れない日々が続き、「こどもは大人と違ってかなりストレスを浴びるので注意をしなければならない」と専門の先生にお聞きしていたので、一度嫁さんと実家に戻って休養させると元気になって帰ってきました。

生前院号伝達式

 引き続き、今年度院号申請のご希望があった皆様へご本山からご下付いただきました院号を伝達する「生前院号伝達式」を執り行いました。今年は3名の方々が申請をされました。住職より書状と院号法名、並びに記念式章を伝達させていただきました。

橋本勝春さん(公子さん)・石森敏夫さんへ住職より院号を伝達し本山本願寺の印をご確認頂きました

併せてこの度門徒推進員に登録された佐々木浩さんへ書状を伝達させて頂きました


 布教使の和氣秀剛先生におかれましては、記憶に残るはじめての報恩講のご出向となってしまいました。唯々、ご法話以外にも地震の後始末から衣の着付け(元本願寺式務部の本物の着付けをしてくださいました!)まで様々に助けて頂きましたご恩、決して忘れません。篤く篤く御礼申し上げます。 寺内をはじめ役員、門信徒一同、再縁を心待ちにしております。心残りはやはりご準備頂きました「御絵伝」の絵解きが十分に出来なかったこと、そして何より、ご門徒さんやご法中の皆様と酒を酌み交わし(私は飲めませんが)、広い知識から大切なコトをご教示いただける時間が無くなってしまったことです。来年11月の永代経、5年後の報恩講にお約束できましたので、それは今後の楽しみにしておきます。
 これからも大切な御法体、ご自愛いただき、ますますのご活躍を願うばかりであります。有難うございました。
 重ねて申し上げますが、次は5年後の2023年にご縁をいただくことになっております。ご門徒の皆様、それまで元気に体調管理して長生きしますよ!

 最後のご法話をいただいた後、「報恩講参拝スタンプラリー」の結果が発表されました!
 今年は地震によって座数が減り、二日間四座となり、完走者は15名でした!地震に負けず、がんばって足を運んで下さった皆様に拍手です!
 記念品と完走の証である安楽寺の寺紋が入ったバッジをおひとりお一人にお渡し致し、その栄誉を讃えさせていただきました!

この三日間(準備を入れますと約一週間)大変お世話になったお世話方、婦人会、壮年会の皆様に、寺族、総代、婦人会会長、壮年会会長を代表して、総代長の山根 勸(やまねすすむ)より報恩講円成にあたり御礼を申し上げて、今年の報恩講の全てが終了となりました。
今年は台風あり、地震ありで大変な、大変な報恩講となりましたが、多くの方々のご協力をいただいて、なんとか無事に報恩講をお勤めすることが出来ました。有り難うございました!

泣き上戸の住職の涙がうつったのか、総代長まで最後の挨拶で涙を流されておりました。そりゃ泣けますは今年は・・・(住職に涙を拭くティッシュを渡され照れ笑いの山根さん)

2018報恩講参拝スタンプラリー 完走者の皆さん!!

報恩講とは

 宗祖親鸞聖人への報恩のために、毎年、その忌日の六日前から忌日当日までの七昼夜にわたって営まれる仏事で、御正忌ともいう。現在京都のご本山では新暦により一月九日から十六日まで営まれております。
 京都の本山、地方の別院(直属寺院)、そして一般寺院、近年、北海道では少なくなりましたが、ご門徒のお宅でもお勤めされるという、ひじょうに珍しい四層構造で営まれる仏事であります。
 北海道は冬になると雪が降ってお詣りが大変ということもあり、夏から秋までの間に勤められるお寺が多く、また、年間の中で一番大きいお寺の仏事であり、参詣者の数も一番多い行事であります。当寺の日程は毎年九月五日~七日の三日間お勤め致しております。安楽寺のご門徒であるならば、お一人一座は必ずおまいりするようお願い致します。

法要

宗祖親鸞聖人報恩講 ③大逮夜法要(院内勤め) 平成30年9月6日

9月6日 大逮夜法要(院内勤め)

 準備を終え床についてまもなく、午前3時6分に大変大きな地震が発生しました。後に「胆振東部地震」と名付けられました。
 私は京都での学業の際に「阪神淡路大震災」を経験しましたが、その時以来の大変大きな地震でした。とにかく揺れが収まるまで妻と娘を布団で覆い、その後ガスや火の元を確認して、すぐに本堂に向かいました。本堂に向かう間、おそらくメチャクチャになっている様を想像しながら、移動が大変長く感じたのを今でも覚えています。本堂にはすでに布教使さんが駆け付けてくれていて、その後、宿泊していた会係の久保田さんや仲間が一緒に現場の確認をしてくれました。
 とにかく現状を残していたほうが良いと誰かが言ってくれ、呆然としてられないと思い、携帯電話のカメラで撮影をしました。

無残にも散乱するお供物

粉々になったお供物台

蝋燭立も無残なことに

婦人会が作ってくれたクルミもこの有様です

香炉も至る所で転がっていました

物置の中もメチャメチャでした

お焼香台が襖のお陰で傷つくのを免れています

 

目に入る中で一番ひどかったのが2階入口の壁です。地震の力に耐えきれなかったのか破裂したようになっておりました。

その後余震が続きどんどんヒビが広がっております ALC板の交換になるようです。

西日本豪雨水害復興支援物産展の幕もこのありさまでした 物産展も中止となりました

 助かったのが平成十七年に大修復を行っていただいた本堂内陣については、甚大な被害はありませんでした。ただ残念だったのが漆の床に重い蝋燭立てが落下して傷が残ったことと、左の写真のように少しだけ金箔を貼った柱と壁に隙間が出来てしまったことです。

 本堂は鉄筋コンクリートですが、築四十三年経ちますので、いたるところにヒビが入ってしまいました。

仏様(法中控室)も落下し手がもげてしまいました
後光も台座も破損してしまいました

納骨堂は扉が開いている壇があり、何基かの納骨壇から香炉が落下している程度でした
しかし後日点検すると増築した部分の壁に上から下までヒビが入っておりました これも早く修繕しなければなりません

庫裡では他にクロスの破れが多数有りました。揺れの大きさが容易に分かりますね

外へ出てみると壁という壁にヒビが入っておりました。
よく見ると建物の角や増築した部分特に接合部にかなり多くのクラックを見つけることが出来ました。やはり相当な揺れだったのでしょうね。

他にも隣家との境のブロック塀が持ち上がったりアスファルトに長いヒビが入っていました。

外塀にも多数ヒビが入っておりました。これも以前修復していただいた時に増築した部分に多くみられました。

 現在、大岡産業さんはじめ関係業者さんに見積もりをご提出いただき、幸い地震保険に加入していたので、結果待ちの状態です。ただ皆様もご存じの通 り地震保険の性質上、重度の被害が無い限り、保障の対象にならない箇所が沢山あるようです。結果が出次第、総代会にて優先順位を決め、修復工事をさせていただきます。多くのお見舞いもお預かりしております。この場をお借りし御礼申し上げます。


 被害の確認をしている間に停電となってしまい、とにかく情報を得るためにラジオをつけたり、出来る事はないかということで、断水になると困りますので湯船に水を溜めたり、空いているペットボトルに水を注ぎ、あたりを照らす灯りを集めたりしておりました。
 外へ出るとあたりは真っ暗闇。どんだけ明るい生活してたんだろうかと途方に暮れてしまいました。朝7時前に総代長の山根さんにご連絡し、午前10時までに電気が復旧しなければ法要は中止とすることを決定し、まず総代さんにお寺に集まってくれるようお願い致しました。
 しばらくすると良いにおいがお寺の中に立ちこめ、見に行くと婦人会の皆さんが朝ご飯を作ってくれているじゃないですか!
 なんと有り難いことか!と目頭を押さえつつご挨拶と安否確認をしました。「いや~こわかったねー」、「この世の終わりかと思った」など皆さんと地震の際の状況を確認して、「今食べておかないと、もうまともなもの食べられないかもよ!」というお言葉を頂き、食欲がないなあと思っておりましたが、気を取り直して、美味しく頂戴致しました。有難うございます!
 午前中に平岸大乗寺の住職さん(打本さん)が駆け付けてくれました。自分の所も大変だったろうに・・・。有り難いことです。
 布教使の和氣先生もTシャツ姿でいろいろお手伝いくださり本当に申し訳なかったです。
 ご門徒さんも心配して一人また一人と駆け付けてくださいました。総代さんが揃ったところで、様々な検討をして、冷蔵庫に電気がきていないことから、食材がダメになる前に調理をしてお詣りに来られた皆さんと昼食をいただく、お寺に現在いる僧侶と門徒で「大逮夜法要」を本堂はメチャメチャで使用できないことから1階のホールでお勤めし、ご法話を一席のみいただく、夜までに電気が回復しなければ今年の報恩講はこれで中止とすることを決定させていただきました。

朝早くから駆け付けて下さり 電気の使い中おときの準備をしてくださいました!凄いはうちの婦人会は!

信号機が消え、交通麻痺を起こしているにもかかわらず、心配して駆け付けてくれた大乗寺住職さん 有難うございます!

暗闇の中で「緊急総代会」を開催し今後の対応策を話し合いました。

「もう笑うしかないですね」と冗談を言ってみんなを励ましてくれた布教使の和氣先生。感謝です!

婦人会の皆さん、暗闇の中配膳し、時折「蝋燭の光で厳かでいいわ~」な~んて冗談を言いながら準備をしてくださいました

法要の取り仕切り役である会奉行の岡先生(豊滝 清勝寺住職様)遠い上に交通麻痺の中駆け付けてくださり、法要を執行してくださいました

受付を入口付近に設置しました エアコンがつかえないことから「暑い、暑い」と言いながらも受付業務を行ってくださいました

急遽1階ホールで「大逮夜法要」をお勤め致しました 本当に蝋燭の光が厳かでした

法要後、状況説明を兼ね御挨拶させていただきました さすがに髪の毛をセットする余裕も時間もありませんでした 笑

 

 

布教使様もさすがにこんな状況でご法話されることも今までなかなかなかったことと思います。大変なおとりつぎをいただきました。有難うございます。本当に感謝です。

 なんとか院内で「大逮夜法要」をお勤めし、ご法話もいただくことが出来て、「ホッ」といたしました。
 総代さんと夜までに電気が回復しなければ、この度はこれで報恩講を中止すると決定はしたものの、「これでいいんだろうか?」「災害で報恩講を中止するのは自分の代がはじめてではないだろうか?」「本当に中止で良いのだろうか?」といろんな思いで頭の中がグチャグチャになってました・・・。
 夕方になり、だんだんと日が落ちてきて、夜ご飯にとカップラーメンなどを食卓に広げていたときに、「パパパッ」と電気がついたじゃないですか!
 みんな「オーッ!」という歓声を上げ、女性陣は拍手拍手拍手!母親は「電気ってこんなに有り難いんだね!ナンマンダブ・・・ナンマンダブ」と涙を流して喜んでおりました。
 「やるぞー!」という私の声で、一斉に掃除道具を持って、本堂に移動し、メチャメチャになった内陣を掃除し、壊れたものは撤去、荘厳はやり直して、なんとかお詣りをする形を整え直しました。
 総代長と連絡を取り、朝のお詣りは、門徒の皆さんも大変な事態であることから中止し、午前11時のご満座と院号伝達式、ご法話を一席いただくことを確認し、そこからは電話やメールで諸々ご連絡をさせていただきました。

 本当に大変な一日でした。今振り返るとこの一日が一週間のように思えます。
でもなんとか最後のお勤めが出来そうで、心から「ホッ」として床につけました。

法要

宗祖親鸞聖人報恩講 ②今年度当寺門徒物故者追悼法要・第1初夜法要 平成30年9月5日

今年度当山門徒物故者追悼法要

 引き続き、この一年間で往生の素懐を遂げられた方々を偲び、多くのご遺族と共に当山門徒物故者追悼法要が当寺住職御導師のもとお勤めされました。
 このご縁にはじめてお寺に足を運ばれた門信徒の方々が多数有り、厳粛な中に法要がお勤めされました。ご遺族の皆様には、参詣者を代表して呼び出しによるお焼香を頂戴致しました。

仏様を中心に、御法中の皆様が順に花びらを散らし讃嘆するお作法「行道」を用いたお勤めをさせていただきました

 全てのご遺族を載せることは出来ませんでしたが 多くのご遺族様にお焼香をいただきました。


 この度、大変有り難いことに、総代の粟井さん、前仏教婦人会会長竹内さんから娘の小学校入学祝いにと、色衣と袈裟をご寄贈いただきました。娘にはこの格好をしたら母から離れて座ってお詣りしなければいけないよ、そして何かお手伝いして欲しいなと話しましたら、進んで係役のお手伝いをしてくれました。
 賦華籠(ふけろう)・撤華籠(てっけろう)という、御導師が使用する華籠(けろう)を作法中に御用意して、使用後に撤っするというお役を勤めてくれました。おそらく父親の私の方が心臓ドキドキだったのではないかと思います。十分にその役割を勤めてくれました。

母親から離れて座り、出番が来るまで白石の乗善寺ご住職と並んでお詣りしておりました

賦華籠(ふけろう)

撤華籠(てっけろう)

今年度報恩講布教使 奈良教区 圓光寺住職 和氣 秀剛 師

身振り手振り熱心におとりつぎされる和氣先生

時に冗談を交えながら大切なことをお伝えくださいました 真剣に聴聞されるご門徒の姿が印象的でした

 報恩講では初めてのご縁を賜りました奈良県 圓光寺住職 和氣秀剛先生は、父上の和氣良晴先生がカナダの開教使さんだったことからカナダで生まれ育ちました。
 私の亡くなったカナダの伯母が和氣さんご家族とひじょうに懇意にさせていただいていたご縁もあり、この度待望のご出向となりました。先生はとても広い知識をもって、明快に浄土真宗の真髄をお紐解き下さいました。感銘を受け、「そうか、そうだったか」とうなずくご門徒の姿を見て、本当に良きご縁であったと感じさせていただきました。


第一初夜法要

 午後5時からおとき(夕食)をいただきました。今年は豚汁とおむすびの軽めのメニューにしていただきました。
 午後6時から第一初夜法要をお勤め致しました。御導師は、富山教区 婦負西組 妙宗寺 長岡俊紀師でした。毎年遠く富山県からご出勤して下さっているイケメンのお寺さんです(笑)

皆さん楽しそうに談笑されながら召し上がってましたね

第一初夜法要 御導師 妙宗寺副住職 長岡俊紀 師

第一初夜では「往生礼讃 日没偈」という難しいお勤めをします
毎年みなさんがんばってついて読んでくれましたね

 お初夜のご布教は、皆さん楽しみにしておられたと思います、プロジェクターとスクリーンを使った親鸞聖人のご生涯を表した「御絵伝」の絵解きでした。先生が長い時間を掛け作られたものです。、静止画だけではなくアニメーションのように雨が降ったり、人物が動いたり、ひじょうに臨場感のある画像を通して親鸞聖人の足跡を訪ねることが出来ました。

後夜法要

 今年から後夜(ごや)の法要を壮年会の皆様にお勤めしていただくことになりました。調声人(ちょうしょうにん)を黒田会長、両脇に中野副会長、佐々木事務長がついてくださり、「讃仏偈」をみなさんとお勤めいたしました。
 こうして初日のご縁が終了しました。普段であれば、掃除や後片付けをして、少し休んでから明日の用意をして身体を休めることになるのですが、まさかあんなに大きな地震が発生するとは・・・。次項から地震の模様を掲載しますので、もしあの時の記憶がフラッシュバックしてしまう方がいたら、余り目に入れないようにして下さい。