トピックス

横超山 安楽寺 開教135年記念事業

安楽寺開教135年を記念として行われた玄関拡張工事及び各修繕工事の概要をお写真にてお伝えします。この度の工事はご門徒の大岡産業株式会社様の厚いご協力により完遂いたしました。

新しくなった玄関

 安楽寺本堂が建築された昭和51年当時は、外階段を上り2階の本堂に入るという当時ではモダンなスタイルでありました。
 時代と共に生活スタイルが変化して、だんだんと欧米スタイルのイスに腰を掛ける生活が定着していきますと同時に、足腰が悪くなる方々が増加し、外階段を上がってお寺に出入りすることが難しくなって参りました。
 やがて、2階の本玄関は使われなくなり、1階の小さな玄関を使われることが増えて参りました。
 開教120年の記念事業の際に、1階の玄関も修繕していただいたのですが、やはり元々が勝手口的な使用をしていた玄関であり、大変小さな面積でありましたので、玄関のそばでは人と人とがすれ違うことも容易ではなく、また今度は靴の脱ぎはぎをされるご門徒さんのお姿が、だんだんと危なく見えてくるようになりました。いつか誰かがケガをされるのではないかという心配が増えてきたのです。
 特に、お彼岸、お盆、報恩講等の大きい行事の際には一番の悩みの種でありました。外にテントを張り簀の子を引いて下足台を設置したり、様々なことを試しましたが、この度の開教135年という節目の年を迎えるにあたり、思い切って、玄関拡張工事を行うこととなりました。
 玄関の間口を広く取り、自動ドアも以前より間口の広いものに変更しました。下足棚も以前の倍以上、靴をおけるように設置致しました。

面積的には本当に少しだけ広げただけですが、とても落ち着きのある空間に生まれ変わりました。北海道弁で言うと、あずましくなりました。

玄関ホールもキレイになりました。こちらの階段もカーペットや壁紙を新調し裏面にはおもしろい材を使用しております。かなりおしゃれな感じにいたしました。坪庭がかわいいです。

階段を下からと上からと撮影しました

建具や壁紙も全て新しくなりました

手すりを増やし、以前より車イスでの来院も容易になりました

電光掲示板(デジタルサイネージ)を導入しましたこれからご案内は全てこちらに表示します

トイレ側から見た玄関アプローチ エレベーターもありますので安心です

本堂

 安楽寺本堂が建築された昭和51年当時は、皆様方がお座りになる外陣は殆どの御寺院が畳を使用しておりました。もちろん今でも畳敷きの御寺院は沢山ありますが、いち早く多目的に本堂を使用出来るようにと前住職が絨毯敷きにしたそうです。
 先にも申し上げましたが、時代と共に生活スタイルが変化して、だんだんと欧米スタイルのイスに腰を掛ける生活が定着していきますと同時に、足腰が悪くなる方々が増加し、おすわりをしておまいりするということが困難になりました。今では殆どの御寺院がイスを使用するようになりましたが、イスを使用しますと、どうしてもカーペットの傷みが激しく、15年経過いたしましたこのタイミングで本堂のカーペットを新調致しました。

合わせて、廊下と寺務所(受付)の壁紙とタイル
カーペットを新しいものにいたしました

ホール(1階)

 お寺で一番使用頻度が高いお部屋が1階のホールであります。葬儀や法事等の法要の他に、習い事やサークル活動、研修会、幼稚園の行事など多目的に、そして使用する頻度が高く、劣化している箇所がいくつもございました。こちらも内装の殆どを新しいものに変更させていただきました。
 以前よりシックな色合いにいたしました。格好良くなったねとのお声をいただいております。

納骨堂(1階やすらぎ堂)

1階の納骨堂(やすらぎ堂)のカーペットも劣化と、雨漏り等の変色、マッチの火種の焦げ跡など痛みが激しかったものですから、こちらもカーペットを新調いたしました。
 納骨堂は年間し、おまいりされる皆様が気持ちの良の維持費をお納めいただいている場所でもありますい空間でなければいけないと、納骨堂管理委員会の皆様のご判断をいただき、第2納骨堂と本堂と同じ柄のもので統一いたしました。
 本来であれば春のお彼岸法要の際にお披露目となっていたところですが、新型コロナウイルス感染症拡大予防に伴い、法要が中止となり、この寺報でのご報告とさせていただきます。残念です(涙)

トピックス

娘が9歳になりました! 令和2年6月24日

 おかげさまで娘が9歳の誕生日を迎えました。もう小学校3年生です。
 何度も申し上げておりますが、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、我々大人はもちろんですが、こどもたちも本当にかわいそうな時間を過ごしています。学校の先生方も本当に大変な事態となり、その対応に追われ、学校に通うこどもたちも日常の生活がなくなり、生活リズムを作ることさえ出来ずに、苦しい時間を過ごしてきました。

 娘ももちろんその一人ですが、友だちにも会えない、習ったこともないことを宿題としてやらなければならない等、こどもなりに戸惑っていたと思います。
 6月に入り、やっと学校へ通えるようになり、徐々にリズムを取り戻してきているように思います。
 小学校入学から衣をつけさせていただき、おまいりするようになりました。これもご門徒の皆様からお育ていただいたおかげと頂戴しております。コロナ禍でまだまだ油断が出来ない、不自由な時間が待っていると思いますが、今できることを一生懸命やってくれれば良いかなと思っています。
 これからもどうか皆様のお育てをいただき、素直な子になってもらいたいと願っています。
 いつもいつも有難うございます。 (住職記)  

トピックス

幼稚園入園式 令和2年4月8日

 去る4月8日にお寺と併設するやすらぎ学園厚別幼稚園と第2あつべつ幼稚園の入園式を挙行いたしました。
 新型コロナウイルス感染症拡大により、3月には卒業式、卒園式が中止になるなど、考えられないような事態を招きました。
 入学式、入園式も同様に延期や挙行されないところもあり、混迷を極めました。
3密を避け、開催時間を短くし、全員マスク着用、歌唱は禁止など、通常行っていることが何も出来ない中で、幼稚園職員と思考を重ね、在園児の入園式への参加を取りやめ、一家族ずつ、席の間隔を広くあけ、まだ冷たい風が吹く中でしたが、窓を開けて換気をし、午前、午後の2部に分けて入園式を挙行いたしました。
 午前の部が終了してから、全てのイスを消毒し、午後の部に備えました。また、毎年入園式は、お釈迦様のご生誕をお祝いする「はなまつり」を兼ねていることから、「灌仏」(甘茶をお釈迦様のお身体にかけること)を一家族で行っていただき、そのままお引き取りいただくという流れでお勤めいたしました。
 入園式の数日後から再び休園措置となり、長い自粛生活が始まりました。6月から、2週間ほど「短時間少人数登園」という形で、徐々に幼稚園生活のリズムを取り戻し、3週目の15日の週からお弁当日を設けて、6月の最終週からやっと平常の保育に戻りました。こども達の声が境内に響き渡るようになり安堵しております。しかしまだ安心は出来ません。コロナと共存していくことを肝に銘じて、取り組んでいかなければなりません。
 現在は、3密を避けるために、幼稚園のホールと年長の部屋を広く使い、お寺のホールも利用させていただき、3箇所に分かれて、お昼の食事をとらせていただいております。お寺の行事に幼稚園のこども達、保護者の方々がご参加いただくことも多々あるのですが、今年は厳しいと考えています。兎にも角にも新しい生活様式をベースとして、正しく恐れて、うつらない、うつさないということを大切に、こどもたちと十分注意をしながら幼稚園生活を安心して送れるようにお手伝いして参ります。 (住職記)  

トピックス

幼稚園卒園式 令和2年3月18日

 去る3月18日にお寺と併設するやすらぎ学園厚別幼稚園と第2あつべつ幼稚園の卒園式を挙行いたしました。
 新型コロナウイルス感染症拡大により、3学期の殆どが休園となり、学校関係では卒業式が中止になるなど、考えられないような事態を招きました。
 当学園では、何とか卒園証書だけでも手渡したいと熟考を重ね、卒園児のご家族、一家族ずつ幼稚園に15分刻みでお越しいただき、卒園児ひとり一人に卒園証書を手渡しし、先生方が花道を作り拍手の中で卒園児を送り出すことが出来ました。
 朝から夕方まで時間は掛かりましたが、ひとり一人に卒園証書を渡すことが出来て、ホッとしております。
 このつらい経験が、こどもたちを強くたくましくしてくれると信じて、卒園式、変則的な形でしたが、無事終了いたしました。 合 掌 (住職記)

トピックス

役員総会・新年会 令和2年1月25日

 毎年1月25日には、総代会・世話人総会、仏教婦人会総会を開催しております。1年間の事業・決算のご報告をさせていただき、新年度の予算、そして事業計画を役員の皆さんにお諮りいただいております。
 総会終了後には、役員の皆様と共に新年会を開催し、お寺の護寺発展のために大変なご尽力をいただいております皆様に感謝し、恩返しの気持ちで、豪華景品をご用意させていただき「大ビンゴ大会」を行っております。今年も盛り上がりました! (住職記)

総代会(於 安楽寺庫裡)

総代・世話人総会(於 安楽精舎)

御挨拶される第6代婦人会会長の水口京子さん

仏教婦人会総会(於 安楽寺ホール)

 それぞれの総会が終了し、ご来賓をはじめ普段お寺の諸行事にお手伝いを頂戴している方々、そして、仏教壮年会の皆様、毎週お寺で開催しているサークルの代表の方々をお招きし、大変賑やかな中に新年会が開催されました!

引き続き、毎年恒例の「大ビンゴ」大会を行い、大変盛り上がりました!
みなさん喜んでくれましたヨ!!

毎年とても盛り上がるビンゴ大会。1年に1度の、役員の皆様のご苦労を労う大切な新年会とビンゴ大会であります。来年も豪華景品を御用意させていただき開催しますので、楽しみにしていて下さい。
 会の最後に、副総代長の持本さんが、これからも安楽寺のために頑張りましょうと温かいお言葉を下さり、気合いを込めて「一本締め」で楽しいひとときを締めて下さいました。有り難うございました。 

トピックス

仏教壮年会 幼稚園お餅つきお手伝い 令和元年12月12日・13日

 去る12月12・13日の両日、安楽寺が母体である、やすらぎ学園厚別幼稚園と第2あつべつ幼稚園のお餅つきの手伝いに、当寺仏教壮年会が馳せ参じました!
 これは壮年会発足前から、このお餅つきのお手伝いは是非やりたいねというご意見があり、待ちに待った、実現したかったことの一つでありました。
 皆さん、若い頃に杵と臼で何度もついたことのあるお餅を前に、悪戦苦闘?!
次の日は腰が痛くて大変だったとのことでしたが、喜んでくれたこどもたちの笑顔が、その痛みを癒やしてくれたようです。
 このお手伝いをはじめ、壮年会は様々な取り組みを考えております。一人でも多く、新たに会員になってくれるような試みをこれからも行って参ります。今後もどうぞよろしくお願い致します。

厚別幼稚園 12/12

こどもたちが ペッタン ペッタンと言って応援してくれてましたね

第2あつべつ幼稚園 12/13

幼稚園の若いお母さん方と一緒に 婦人会から宮本さんと小檜山さんがいつもお手伝い下さっております(赤ちゃんが背中でスヤスヤ眠っています)

あんこやきなこ、いろんな味をこどもたち楽しんでいただいておりました!

トピックス

本願寺札幌別院報恩講・帰敬式 令和元年10月13日 

 去る10月13日、本願寺札幌別院 宗祖親鸞聖人報恩講に際し、執行された帰敬式(おかみそりともいう 浄土真宗の門徒となる尊いお式 仏弟子となった証である法名を授かるお式)に当寺門徒6名が授式を致しました。皆様大変緊張していたようで、クタクタになったようですが、尊いご縁に出遇い、浄土真宗の門徒として心新たにされたことと思います。今後も浄土真宗のみ教えをいただきながら人生を歩んでいくことを念願致します。
 また、当日は、当寺合唱団シャンティの皆様も音楽法要に参加され、美しい歌声をお供えになったことでありました。

本願寺札幌別院

お式の前に合唱の姿勢などを練習する授式者の皆様

住職も讃嘆衆として合唱団の皆様とご一緒に本願寺札幌別院の報恩講に出勤させていただきました