トピックス

入佛100年記念慶讃法要

4月27日、当寺門徒 立浪一良家において、入佛100年を記念して、「立浪家入佛100年記念慶讃法要」をご家族お揃いの中でお勤めさせて頂きました。当寺第二世住職(現住職の祖父)より、「このご本尊は大切にしなさい」との言葉を大切に今日までお護りなられてきたのであります。立浪さん曰く、「本当に大きな節目を迎えられて、先祖には心から感謝をしています。」とのことでした。

この度のご勝縁にあわせて、長きにわたり、ご本尊をご安置していた古いお仏壇を、前もって遷佛法要のお勤めをし、この度お仏壇を新調をされました。大変意義深いご縁でございました。どうぞこれからもお念仏を中心とした日送りをされますよう心から念願致します。

合 掌(住職記)

立浪家のみなさんと住職

100年目を迎えられたご本尊

この度新調されたお仏壇にご安置されるご本尊

トピックス

卒園式

3月18日、やすらぎ学園第38回厚別幼稚園卒園式・第28回第2あつべつ幼稚園卒園式が、午前、午後と分けて開催され、厚別幼稚園名、第2あつべつ幼稚園36名のこどもたちが巣立って行きました。幼稚園で育んだ宗教的情操を大切に、立派な大人への成長を期待しています。現代に生きるこども達にとってこの世の中は、とても窮屈になっているかもしれません。しかしながら、こどもたちが持っている無限の可能性は、今も昔も変わることなく、こども達だけが持っている貴重な財産です。それを少しでも伸ばして行くお手伝いをこれからもして行きたいと考えております。日頃より、お寺では特に婦人会の皆様にご協力を頂いておりますが、これからもどうぞ、仏の子を育てるお手伝いを戴きたいと切にお願いすることであります。少子化が叫ばれるようになり、いろいろと大変ではありますが、ご本山でもこども達の為に、お寺を子どもの居場所に、そして次世代の育成の為に様々な形で取り組みが進められています。これからもこども達のために努力を惜しまず、精進して行きたいと思います。これからも変わらぬご協力お願い申し上げます。よろしくお願い致します。

合 掌(住職記)

この度退職となりました辰田先生(第2あつべつ幼稚園園長)